shin-1さんの日記

○落伍家「夕日亭大根心」移動寄席

 今日は地域づくり人養成講座の発表会並びに閉講式が松山市民会館であり、出席しました。午前10時半からの開会だったのですが、どうしても急いで片付けなければ」ならない仕事が急に入り、多少遅れて塾生の発表の最初を聞き損じてしまいました。遅れることの嫌いな私としては、自分の出番で穴を空けることはなかったのですが、とんだ失態でお詫びのしようもないのです。それでも皆さんのレポート集を基にした発表は中々のもので、いい勉強になりました。

 この日の私の仕事は閉講式など全ての日程が終わってから、特別講義として落伍及び落伍ライブを1時間半の予定でやるのです。昨日まで広島へ出張していた関係もあって今日は朝から人間牧場へめくりを取りに行ったり、準備のためにあれやこれやの大騒動でした。落伍をやるのには自分の高座に上がる服装から考えなければなりません。センターの清水さんから「カジュアルな服装で」とお許しをいただいていたので、妻の言うがままの服装にしました。だいたい私は平生から服装には無頓着なため、放っておいたら平気で普段着で出かけるような人間なので、妻は自分が笑われると思いいつも気が気ではないのです。ですから私の服装はパンツからネクタイまで全て妻のコーディネートしたものを、文句を言いつつ着て出かけるのです。

 それでも落伍の高座となると妻の用意した服装に加え、羽織に見立てた裂き織のちゃんちゃんこ、出囃子用のCD、拍子木、高座本、机の上に置く木になるカバン、ハーモニカ、人間牧場の切り株の上で高座をやってる写真、めくり、小道具と、出かける時忘れてはいけないと思って車に積み込んだものの、清水さんから指定された大根一本、座布団一枚、メキシコ産の角笛などをあいにく忘れるところでした。

 今日の反省ですが、これほどの小道具が必要な訳ですから、これからは忘れるといけないので準備物一式の目録を用意して望まなければならないとしみじみ思った次第です。

 さて夕日寄席は殆ど時間通り始まりました。重さ0.1トン、大番頭松本宏さんの歯切れ良い前口上に続いて拍子木が打たれ、出囃子に乗って清水三の案内で高座に上がりました。高座といっても机を三つ並べただけの仮の舞台です。そこで「えーご紹介をいただきました夕日亭大根心でございますが、毎度馬鹿馬鹿しいお笑いを一席・・・・」と気がつけば1時間ほどやっていました。持参した大根は八幡浜の女性に差し上げたりしながら少しずつ笑いの中に引きこんで行くのです。その後は即興で落伍ライブです。参加した人に手を挙げてもらい私が面白おかしくお返しをするのです。いきなり三瓶の人から手が挙がり「まんぼうを使ってまちおこしをしているが中々上手く行かない、師匠にお尋ねしたいが何か妙案はないか」、私は即興で「へい、マンボ」「マンボの音楽は万国共通だからこれを使ったら歌も踊りもできます」とやったら、大爆笑となりました。落伍ライブの面白さをやっと掴んだ一瞬でした。


 落伍のあと、農協の地下室?で懇親会があり、美味しい料理やお酒を飲みながら楽しい交流会をしました。この日は昨年、一昨年この研修を受講した先輩達も駆けつけて後輩たちを激励していました。中にはこの講習受講後に町会議員になった優秀な女性もいて、裾野の広がりを感じさせてくれました。

 今日は粉浮舞うあいにく寒い一日でしたが、心がポカポカするようないい研修会でした。

  「俺だって 昔はこんな 時あった 発表緊張 する人を見て」

  「かまぼこの ようだと批評 板につく 笑い飛ばして 今日も元気だ」

  「わが話し 白色レグホン トンチンカン 尾も白いとは 年配の人」

  「大根を 洗って持参 ネタにする 妻の白肌 褒めて腐して」 


 追伸

    今治の村上太さんから、メールで落伍への感想文が寄せられました。写真を添付してくれました。さすがカメラマンだけあって、現場の雰囲気がリアルに表現されていて、いい写真ですので公開します。

  

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。