shin-1さんの日記

○息切れするが視野は広くなる

 先日町のシンボルでもある本尊山という近くの山に一人で登りました。正月休みにおご馳走を食べ過ぎ、何となく運動不足だったため地元の氏神様天一稲荷神社まで散歩に行ったついでの、急な思いつきなので全く軽装でした。線路をまたぎ坂道を登るほどに息遣いは荒くなり、運動不足と加齢による体力不足を感じながら、急ぐこともあるまいとマイペースで登って行くと、まるで踏みつけ道のような山道のあちこちには、矢竹が生い茂り通行さえもままならず行く手を阻まれたり、クモの巣が体全体にくっついたりと散々な目に会いました。

 それでも30分ほど歩くと周りの視界が徐々に開け、落葉樹の樹間に下界の景色が見えてき始め、やがて大きな石がどっかりと座っているように見える9合目へ出ました。ここには難視聴を解消するため私たちの加入するテレビ協調組合が立てたアンテナのある場所で、天一稲荷神社の奥の院らしく石の鳥居が立ち、何か霊感を感じるような雰囲気です。私はその場所で休むことなくいよいよ最後の難関に挑戦しました。この坂は一番の難所で周りの木々の助けを借りないと登れないほど急な坂道で、少し滲んだ汗を感じながら頂上に出ました。ここは中世の城郭本尊城の跡で今もその当時の石類群が数多く残っていて往時を忍ばせてくれます。

 頂上には三角点があって、そこからは瀬戸内海や松山の道後平野が一望できるばかりでなく、シーサイド公園、上灘漁港、上灘中学校、由並小学校など町の殆ど全てが見えるばかりか、わが家の敷地全体がまるでヘリコプターから見るように見えるのです。

 ふと僅か30分足らずの山登りを自分の人生に例えてみました。私の人生ももうそろそろ八合目辺りでしょうか。ある映画監督が「老齢は山登りに似ている。登れば登るほど息切れするが視野は益々広くなる」という言葉を残していますが、その通りだと思いました。63歳になると「登れば登るほど息切れする」という言葉が実感できますし、これ以上先へは進めないと諦めたりするものです。しかし闇雲に働き周りが見えなかった昔に比べ、今は行く文化の余裕も出来て、辺りを見渡したり風の音や鳥の声、足元の草花や落ち葉など様々なことに気を配ることが出来、八合目を過ぎると周囲の木々も少なくなって視界が開けてくるのです。これが「視野は益々広くなる」意味なのだと思いました。

 出来るだけ同じ道を引き返さないのが私流なので、頂上を越えて歩き掘り切りという戦略上重要な場所まで行って沢伝いに上灘川沿いまで歩いて出ました。まさに道なき道でしたが新年早々ふるさとの名山に登れていい経験が出来ました。本尊山に登った事を息子に話すと、今度は一緒に登ろう」と誘われましたが、いつになるやらです。加齢とともに自分のふるさとが遠くなるような感じがしています。というのも、役場という地元の職場をリタイアすると、地元の話題に触れることは極端に少なくなってきました。妻が近くの歯医者さんに勤めているので、かろうじてそこら辺の地ネタは拾えるのですが、私のように家や町を四六時中空けると、町の話題は遠のくばかりです。また車の利用が多くなると、町中を歩くことも少なくなって、出会う人も限られて、まさにふるさとは遠い存在になりつつあるようです。ひょっとしたら90歳になった親父の方が近所の話題には詳しいのかも知れません。

  「ただ一人 ふるさとの山 登りつつ あれやこれやと 人生思う」

  「ある人が 加齢段々 息切れが するも視界は 広くなる言う」

  「年毎に ふるさと段々 遠くなる 地ネタ知らずに ただただ生きて」

  「頂上で ヤッホー山彦 帰り来る わが家上から 見下ろし叫ぶ」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。