shin-1さんの日記

○最近気になる飲み放題

 地域づくりの仕事に深く関わっていると飲み会はつきもので、楽しかったといっては飲み、失敗したといっては飲みで、酒のない地域づくりは考えられないような日々でした。したがって家に帰ってもその延長なのか晩酌をするのが日課となって、まあ早い話が酒のない生活は考えられないほど酒と深く付き合ってきたのです。その結果も多分にあるのでしょうが7年前に胆のうを患い、以後かたくなに酒を断ってきました。

 酒を断ったからといって酒の席へ出ない訳ではありません。付き合いの悪さは則地域づくりの破綻につながると信じて今も回数こそ減ったものの一次会、二次会へ誘われるままに出かけ、ウーロン茶で酔ったような顔をして付き合い交流を深めているのです。

 最近気になっているのですが、若い人たちがセットする飲み会の殆どは2時間飲み放題5千円というのが多く、とにかく2時間のうちに何が何で食って飲んでという、まるで暴飲暴食を推奨するような飲み会が多いのです。先日も食育の会議が持たれ、食育という極めて大切な議論をしたにも関わらず、その夜の懇親交流会はこともあろうに飲み放題の店で無頓着な飲み会をしたのです。その事に気がついた私は年配の故をもって指名された乾杯の音頭の時に、その事を指摘するような話をしましら、素面ゆえみんなの納得を得たようでしたが、アルコールで脳が麻痺した30分もすれば、「ビールお代わり。こっちは焼酎のお湯割り」などと手が上がり、結局は暴飲暴食となってしまいました。

 私たちの身の回りには、健康診断で病気が発見された人、糖尿病やうつ病などで体の不調を訴え通院する人、胃や大腸を手術した人などが沢山病院に通っています。推し量るに食生活が原因ではないかと思える節が沢山あるようです。例えば飲み放題のような店が幾つも出来て、安く飲ませてくれるのは有り難いのですが、暴飲暴食の何ものでもない飲み放題の店は、ある一定の年齢を過ぎると要注意だと思わなければなりません。また肉をはじめ天ぷらや中華料理風のどちらかといえば脂濃いものを食べる暮しが家庭にまで広がっています。幸い私は魚党なので油濃いものは余り食べませんが、肉の消費は昔と比べたら格段の量です。またスイーツと称する砂糖で味付けした甘いものも好んで食べられて、飲み会の席で最後に残るのは野菜だけというお粗末さです。

 最近はテレビのバラエティー番組にもその傾向が顕著で、ギャル曽根なんて女性が登場し大口で上手そうに寿司10舟を美味しそうにペロリと平らげたり、回転寿司を何個食べられるかとかいう料理や食事番組がやたらと多く、見ている私たちに暴飲暴食をよしとする風潮を創り上げているのです。

 外食をして家に帰ると妙に喉の乾きを覚えるのは、外食の濃い味のせいかも知れません。家では薄味がよいと思って実践しているのに、外食では塩分の取り過ぎ、カロリーの取り過ぎで、規則正しい食生活を乱してしまうのです。長生きした人の話だと「腹八分は医者要らず」だそうです。だとしたら「飲み放題は医者が要る」のかもしれないと、同じ会費で飲めない私は多少悔いは残りますが、ウーロン茶は2杯まで、食べ物は魚と野菜中心で程々と心に決めて参加しています。お陰様で飲み放題の店を出て「もう一軒付き合ってください」といわれても、付き合える余裕があるのです。

 毎日大量に出されるゴミの山を見て、これも消費拡大、日本の経済成長と思うか、日本人の美風欠如と思うかはその人次第ですが、間違った方向に生きつつあることは確かなようです。

  「飲み放題 暴飲暴食 推奨し これでは体 悪くなります」

  「ギャル曽根の 胃袋何で 出来てるの 今に地獄が 待っていますよ」

  「腹八分 何でも美味く 感じます 体いとえと 妻の手料理」

  「酒捨てて でも飲み会は 参加する さすが二次会 までに留める」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。