shin-1さんの日記

○2008年版予定表手張 
 私の愛用している予定表手帳は、手帳というよりノートに近いかなり大きめなものを使っています。かつては日銀の貯蓄推進員(現在は金融広報アドバイザー)をしていることもあって貯蓄推進委委員会が発酵するものを20年余りにわたって使っていいましたが、財政難の折から廃刊となったため、数年前から愛媛県商工会連合会刊行しているものを商工会で分けてもらい使っているのです。 使えば愛着が湧いて、今ではこの予定表手帳がなければ私のスケジュールは分らないくらい、貴重なものになっているのです。今年は年末に何かと忙しく商工会へ貰いに行く間もなく年が暮れてしまいました。一昨日は官公庁の仕事始めなので商工会も開いていると思い、新年の挨拶もかねて貰いに行きました。商工会の女性職員は毎年いただくこともあって予定していたらしく手渡ししてくれました。 早速帰ってから真新しいい予定表に黒いボールペンで書き込みましたが、今年は9日までゆっくりと骨休めをしようと決め込んで、あるまちから成人式の講演依頼があったのですが、体調回復を最優先して丁重にお断りさせていただきました。今にして思えば年末年始のぎっくり腰に悩まされたことを思うと、よくぞお断りしていたと、予感的中の急病に一人ニンマリするのです。 私の今年の予定は10日からいよいよ始動です。10日には木下さんの紹介で高知県馬路村へ出かける予定ですが、それまでには腰の具合も良くなっているだろうと念じています。  私の予定表手帳には自由人らしく早くも県外から7月や8月の講演依頼が舞い込んでいて、今年も多忙な一年になりそうですが、これまでのように余り無理をせずゆっくりマイペースで仕事をしたいものです。 余談ですが、私の書斎の引き出しにはこの30年間の予定表が捨てられることもなく保管されています。その中には警察から証拠書類として差し押さえられ、一年後に返却された珍しいものも3冊含まれています。双海町が場外舟券問題で警察の家宅捜索を受け、町会議員の逮捕にまで発展した事件は、もう記憶の片隅に追いやられていますが、その折企画調整室でまちづくりを担当していて、家宅捜索の役場責任者だったし、その後も参考人として3日間警察の事情聴取を受けたのでした。手帳を見る度にいまわしい思い出が蘇えってくるのです。 この手帳は私の人生そのものです。昨年もその手帳に一冊加わりましたが、記憶を辿る時は必ずこの手帳を紐解くのです。今年の手帳にも余りよからぬ出来事が書き込まれないような一年であって欲しいと願っています。
 退職した数年前から妻は、私の手帳に書いた予定表を書き写すようになりました。というのも、役所を辞めて自由人になったのを機に、私のスケジュール管理を幾分手助けするようになったのです。年中全国を飛び回っている私ですから、私がいなくても一応は電話対応できるようにと思っているのでしょうが、秘書になるのにはもう少し修行が必要かもしれませんね。年齢的にも上りきっていないのに下り坂ですから・・・・・。
  「予定表 すでに八月 までも書く 今年も忙し 予感ありあり」 
  「引き出しに ぎっちり詰まる 予定表 わが人生を 語るが如く」
  「三冊の 警察倉庫に 眠ってた 思えば色々 書き込んでます」
  「今年こそ 暗い出来事 ないように パラパラめくる 新し手帳」   

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。