shin-1さんの日記

○今日はブラックデーでした
 年末から帰省していた長男の家族が今日で床上げして帰る予定ですが、変わって娘婿の実家大阪に帰省していた家族が夕方やって来るというので、わが家は何かと大忙しです。妻は今日から仕事で一日中いないため、自由に過ごそうと思いきや、「お父さん、天気が良いので布団を干しておいて下さい。年末にお餅をついたモロブタも洗って干してあるので納屋にしまっておいて下さい。それから大根2本とカリフラワー1個、それにブロッコリーも忘れないように畑から取ってきておいて下さい」とまるで聖徳太子のように矢継ぎ早に用事を頼み妻は仕事に出かけてのです。リタイアした自由人の悲劇か、わがままを言うことも出来ずシブシブボチボチ頼まれた用事をするのです。
 日本中で仕事が動き始めたのか、電話やファックス、メールが入り始め、日程調整したりメモしたりとその対応も忙しい一日でした。私にとってはブログも故障でまるでブラックデーのような一日でした。
 私はその気分を紛らわそうと年末年始腰の具合が悪くて洗車していなかったトラックを洗いました。昨日息子と落ち葉拾いをした後遺症か車はかなり汚れていて中々落ちないのです。それでも約1時間をかけて丹念に洗車し、荷台に念願のシートを被せました。荷台が汚れるのを防いだり濡れてはいけない荷物を積むための防水シートで僅か畳2枚くらいなものなのに5千円もする立派なものす。ゴムで装着するようになっていますが、これで田舎のオープンカーもかなりグレードアップしました。
 早速その車に倉庫に置いていた工具を積み込み、加えて米糠と油粕を購入して人間牧場へ向いました。昨日息子と拾い集め囲いの中に入れて踏み固めた落ち葉の上に満遍なくふりました。これで冬の寒い間に発酵してくれるはずです。後は大洲の亀本さんに頼んでおいた牛糞が届けばそれをふりまき上にナイロンのシートを掛ければ計算上は上手く行く予定です。
 しかしここでもブラックデーの後遺症、重い電動研磨機を棚に上げるべく脚立に上がって棚に収納しようとした瞬間、腰に力を入れることが出来なかっため、あえなく地上へ落下させてしまいました。足の上に落ちず怪我をしなかったのが不幸中の幸いでした。

 加えて夕方からは息子の子ども、娘の子ども2人、つまり孫が3人勢揃いし、蜂の巣を突付いたような大合唱です。さすがに腰の痛みを考えて7ヶ月になる孫尚樹は抱き上げませんでしたが、孫希心は抱いて子守りです。5歳になる孫朋樹は活発で、この2年間は私の相棒と呼ぶに相応しくよく行動を共にしてきました。この日も風呂に一緒に入り、私たち夫婦の布団に潜り込んで寝てくれました。夜中の12時に小便をひらせるために起しましたが、腰の悪い事も忘れて抱きかかえて行きました。少し腰の調子が悪くなぅた感じがしましたが、多分朝になれば大丈夫だと思うのです。救いは孫たちと娘婿、それに長男が私のブラックデーを帳消しにしてくれた一日でした。
  「気が滅入り 今日は私の ブラックデー それでも孫が 幸せ運ぶ」
  「研磨機が 地上に落下 腰砕け 怪我なしホッと 一息入れる」
  「短めの 冬の日向に 布団干す フカフカ潜り 孫にお話」
  「蜂の巣を つついたような 大合唱 これも幸せ 思えば楽し」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。