shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年8月23日

○和歌山を旅する

 和歌山県宅建協会の招きで和歌山県へ行きました。私たち四国に住む人間にとって和歌山は紀淡海峡を挟んだ隣県なのですが、広島や岡山と同じように狭いといいながらも海を挟んでいるため、対岸の徳島県を除けば近くて遠い県で、四国八十八ヵ所参りを終えて高野山のお礼参りでもなければそれこそ遠い県なのです。私は仕事でちょくちょく和歌山県へ行っていますし、弟嫁が和歌山県の古座出身だしそれにまつわる親類縁者が田辺などにいて結構知っているつもりです。行く度に大阪から県庁所在地の和歌山市は近いもののさすが新宮となると本州最南端で遠い感じがします。

 今回の研修会は午後1時30分開会でしたが、和歌山県には苦い思い出があるので早々と到着しました。それというのはもう10年も前のこと、早朝わが家へ一本の電話がかかってきました。「若松さんあなたどうして家にいるんですか?」、「家にいたら悪いのか?」くらいな軽い気持ちで電話に出ました。ところがその相手の電話ではたと気がついたのは私はこの日和歌山県で講演を引き受けていたのでした。すっかり忘れていて、「もうこれからだと間に合わないので」とお断りするのですが、相手も500人も集めているため安易に引き下がることが出来ず、一色触発の感じになり、「とにかく直ぐに何かの便で出発してください」という事になりました。早速飛行場へ電話しましたがあいにく全席満席とのことでした。仕方がないので電話を切ろうとした時、「お客様、ただ今一席だけキャンセルが出ました。1時間以内に空港カウンターまで来れますか」というのです。私ははやる気持ちを抑えながら妻に頼み込んで同乗させ、私が運転して松山空港まで車をフルスピードで走らせました。空港へ着いたのは出発5分前でした。あらかじめ連絡をしえいたので出発を待っていてもらい搭乗手続きを済ませ、滑り込みセーフです。既に和歌山の相手には伊丹飛行場まで迎えに来てもらっていたので、そこから会場まで高速道路をひた走り、その会場に着いたのは何と講演開始時間5分前でした。私は何事もなかったように90分の講演を終え再び同じルートを帰ったのでした。その時の事を思うと今でも鳥肌が断つような心境で、いつまでも忘れることの出来ない思い出なのです。

 今回の研修を企画してもらった佐藤さんと武田さんにお願いして時間があるので和歌山城を見学する事になりました。城門の入り口で車を下車し、1時間後に迎えに来るという約束で久しぶりに和歌山城を一人散策しました。お昼前といいながら外の温度は30度を超えており汗ダクダクでした。


 いやあ、それにしてもいいお城ですね。喧騒な大阪の街中を電車でやって来ただけに、静けさや夏の空に浮かぶ歴史の古い建築物は何ともいえない、さすが徳川御三家紀州といわれる重みを感じました。本丸からの眺めも最高で吹き渡る風も心地よく、夏には夏の風情があるものです。遠路の長旅を忘れさせてくれたのが昼食会場となったホテルからの眺めです。昼食を食べながらこれまた遠望を楽しませてもらいました。

 講演会場には顔見知りの眞野賢司さんも見えられていて旧交を温めることが出来ました。少し立派過ぎるほどの会場での講演会でしたが、たっぷり2時間を予定していただいていたので、思いを込めて話させてもらい紀州路快速で再び大阪梅田に到着、友人と晩飯を食いながらそこら辺を散歩しました。大阪は近づく世界陸上大会の上げ潮ムードが漂っていて、梅田芸術劇場周辺では綺麗なイルミネーションが街ゆく人を優しく包んでいました。

  「何年も 前の悪夢を 思い出し 少し早めの 駅に降り立つ」

  「和歌山の 城を汗かき 上り行く 夏風涼し 遠望開け」

  「今何処か 妻から携帯 お城だと 羨ましいと 電話の向こうで」

  「吉宗の ゆかりお城で 今思う 時代変れど 改革進まず」

[ この記事をシェアする ]