shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年8月16日

○変る写真事情

 昨日伊方町の塩崎さんから手紙が届き、中に7月7日人間牧場で合宿した時佐賀関の渡辺さんが撮影した写真が何枚も同封されていました。渡辺さんは写真が趣味でわが町の恋人岬に沈む夕日をわざに撮りに来るほどの腕前ですから、一枚一枚の写真のおくが深く、見ていても飽きないほどリア売るに表現されているのです。私もかつて教育委員会に在職中広報マンとしてカメラを仕事道具に10年間も地域の話題を追った経験があるので、話題やアングルなど一通りのことは習っているつもりですが、ペンタックスの一眼レフカメラの時代とデジタルカメラの現代ではその手法が全然違うものですから、渡辺さんのような時代を先取りした人に比べると大分時代遅れだと自負しているのです。

 カメラの変革が一応それなりの進化を遂げてきましたが、最近はプリンターの技術革新が目覚しく、居ながらにして自宅で写真が出来るのですから驚くほかありません。写真屋さんにフィルムの現像に出して1日、写真を焼き付けて1日とまる2日間もかかっていた行程は全てカットされ、撮影即プリントですから気に入らなければ再撮影するチャンスだってあるのです。更にその写真の画像がインターネットで送られるというのですから、私たちのような凡人の頭脳では何が何だか分らない時代なのです。

 私は今エプソンのプリンターを使っていますが、今度手に入れたプリンターは中々の優れもののようなのです。父の日のプレゼントとして届いたばかりで、まだ私自身の手で使い初めしていないので、その性能はまだ未知ですが、息子の話によると多分このプリンターだと、かなり性能が良いのでいい写真の仕上がりが期待出来そうなのです。

 手元に使わなくなった一眼レフのペンタックスカメラがあります。役場で工事用に買ったものなのですが故障して廃棄処分され備品台帳から抹殺されたカメラなのです。メーカーに送ったところ、故障部分は少しお金をかければ直るというので3年前自費で修理に出し、何ヵ月後に手元に帰って来ました。直ったので備品に復活するか問い合わせたところ、廃棄の復活はしないとの返事だったのでそれからデジタルカメラを手に入れるまでの1年間、様々な場面でこのカメラは活躍しました。

 ところが退職時に当時の仲間が当時としてはかなり性能のよかったフジフイルムのデジカメを退職の記念品として贈ってくれたため一眼レフは使われることなく使い方も忘れるほどの長い間机の隅で埃を被っていたのです。使い捨ての時代といいながら勿体ないので少し使ってみようと思い始めているこの頃です。荷物にはなりますが月末に上京予定のためこのカメラを持参しヨドバシカメラにでも立ち寄って電池の交換やフイルムの購入などしたいと思っています。

 デジカメ万能の時代となり、一眼レフなどは古い時代の物として捨て去られる運命にありますが、一眼レフだっていい写真はいっぱい取れるのです。むしろ一眼レフにはデジカメにはないオンリーワンのよさがあるのです。

 そういえばダンボールに入れられたままで未整理の写真の数々も気になっています。亡くなった友人がカメラ気違いといわれるほど多くの写真やフィルムを残してあの世へ旅立ちました。まちづくりの世界だと遺し伝えるはずの遺品なのでしょうが、遺族や価値が分らない人にとっては最早ゴミに近い存在なのです。私の写真も家族にとっては同じように最早ゴミです。ゴミにならないための方策は整理整頓してせめて7回忌くらいまで思い出のよすがにしてもらいたいものです。

 渡辺さんの写真を見ながら、はて渡辺さんはどんな整理整頓をしているのだろうと思いました。

  「わが家でも 写真が出来る 世の中に 変ったものです これから先も」

  「一眼を ごみの中から 拾いあげ 修理しつつも 使わず放置」

  「送られし 写真に友顔 思い出す 取った本人 何処にも見えず」

  「記憶とは 曖昧模糊な ものですね あった出来事 既に忘れて」 

[ この記事をシェアする ]