shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年8月3日

○加害者と被害者

 先日所用で東温市に行く途中追突事故に会いました。追突事故など起こしたことも起こされたこともない私にとっては青天の霹靂でしたが、不幸にも私の車にぶつけた方は女性だったため気が動転したのか、かなり取り乱した様子でした。この事故から始まった加害者の心理は被害者になったような心境が見て取れました。車の修理にかかる費用や相手の病院代、警察の事故処理の行方など、寝ても起きても事故のことが気になって仕方がなかったに違いありません。事故を起こしたら当然と思われがちな事故に伴うこうした煩雑な経済を伴う事後処理と相対する人間模様は、思わず逃げ出したい気持ちになるのは当然かも知れません。

 事故が起こった28日は予定された仕事が入っていて、あいにく土曜日のことなので明くる日も含めて病院がお休みで、以来首のムチ打ちを心配しながら結果的には積んだスケジュールの合間を縫って、昨日の午後の診察となってしまいました。その間事故を起こした方は何度となく私の教えた携帯電話に見舞いの電話をかけていただくし、110番の事故処理をしてもらった警察官からも再三お電話をいただくなどこちらが恐縮するほどの対応でした。

 昨日出張のついでに飛び込みで伊予市の整形外科に飛び込み看てもらいました。レントゲン写真を4枚撮って診察を受けましたが、骨に異常はなく肩に少々の張りがあるものの大したことはないとのお話でした。受付で交通事故の診断と申告していたので、全額受信費用を支払い領収証をいただきました。私は帰宅後早速相手の方に電話して何事もなかったと話しましたが、相手の方は今後のこともあるのでと今朝わが家を訪れました。

 病院での診察結果をお話しその上事故処理をした検察官に電話を入れ、車も治って修理屋さんから納品され修理費用も全額支払われたことや、怪我もない旨をお話し、示談による円満解決というということで、出来るだけ軽い処分にしていただくようお話しました。本人は安堵したのか涙ぐんでわが家を後にしました。

 任意保険には行っていなかったことや、離婚して間がないことなど私的な話を聞かされていたので、長引かせては可哀想と思い、これにて一件落着にしました。

 私を含め現代は車なしでは生活できないほど車のお世話になって暮らしています。何気なく乗っている車も突如として凶器に早代わりすることだってあるし、事故の危険性は誰しも身近にあるのです。今回は加害者でなく被害者になってしまいましたが、私にとっても貴重な体験でしたし、事故の怖さや加害者が被害者になることを学ばせてもらういい機会となりました。警察官をしている息子から散々いわれている「事故のないように気をつけて」という言葉をしっかりと肝に銘じなければならないと心に誓いました。

 それにしても追突は加害者100パーセント負担とは驚きました。

  「加害者が 被害者になる 事故処理で お互い疲れ これで幕引き」

  「110番 初めてしたと あの女性 今も忘れぬ 事故の日のこと」

  「前よりも 綺麗になって 里帰り 事故の痕跡 車のみ知る」

  「事故などは 人のことかと 思いしや 俺が会うのか これはたまらん」

 

[ この記事をシェアする ]