shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年1月1日

○知識化された社会と感じられる社会

 私たち人間は50年前、いや10年前と比較してみただけでも随分沢山の知識を習得するような知識環境になってきました。自然が危ないとか地球温暖化を食い止めるためにはCO2を削減すべきだとか、環境問題だけに特化しても様々な知識を持つようになりました。しかしそれほどの知識を得てもまだ「べきだ論」を吐き、まるで絵空事のようにやらないことをやれないと他人に転嫁しながら生きているのです。現代の文明は見た目には進化し知識化された社会を作ってきたように見えますが、一方で私たちから感じられる世界を失わせたように思うのです。

 日ごろの何気ない暮しの中では感じられる世界がどんどん狭められているように思うのです。今朝目覚めてパソコンの前に座る。スイッチを入れたパソコンの画面からは検索さえすれば沢山の知識がどんどん入ってきます。しかしそれは単なる知識であって、その知識を得ようとすればするほど感じる世界が遠のいてゆくことに気付くのです。朝起きて外に出て感じる外気の冷たさや風の音は私たち人間にとって一体何を意味するのでしょう。肌や目、耳など五感で感じられるものは、最早そのことを忘れた人間にとっては人間性を回復する大きな力になるはずなのですが、それらは現代人がものの価値と定めているお金などの損得勘定からすれば何の価値もないものかも知れないのです。でも陽射しの温かさや川の水の清らかな流れも、感じられる社会として価値があることを忘れてはならないのです。

 最近の人間社会は感じられる部分が少なくなりました。家族という一つ屋根の下に住んでいる最小の集団さえ別々に生き、別々なものを食べ、別々な部屋で暮らしています。故に尊属殺人のような家庭内犯罪や幼児虐待など日本の社会ではこれまで希だったことが日常茶飯事の如く発生しています。四季の恵みの中で行われてきた年中行事もコミュニティの崩壊によって季節を感じられなくなってきました。第一次産業といわれる生産活動からは自然、人間、村社会の力強さや矛盾さえも包含して感じられる社会でした。

 日本が大きな近代化を果たしたのは幕藩体制が崩れ欧米の物質文明を真似た明治維新と、第二次世界大戦に敗戦しアメリカのこれまた物質文明を真似た戦後でした。物質文明的には豊ではありませんでしたが、少なくとも明治維新前までの日本には感じられる社会があったと思われるのです。どうやら日本人は物質文明の豊かさを手に入れた反面、感じられない社会に船出してしまったようです。

 知識化された社会を否定して生きていくことはとても勇気のいることであり、多分知識化された社会の恩恵を受けた者にとっては至難だと思うのです。でも本当にその人が人間として感じられる社会に生きようとするならそれは決して難しいことではないことだと思うのです。私たちは、いや私はもう一度「感じられる社会」と「知識化された社会」の一体性を取り戻す努力をしたいと願っています。

 宵も悪いも含めた感じられる社会の実現こそがこれからのまちづくりかもしれません。

  「感じずに 知識化された 社会生き ただ漠然と 暮らす愚かさ」

  「少しだけ 自分の内面 覗き込む 矛盾頭を 持ち上げてくる」

  「年賀状 心をゆする メッセージ 幾つかありて しばしふけれり」

  「世の中が これ程知的に なりとても 禅教極めた 坊主にゃ勝てぬ」


[ この記事をシェアする ]