shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年8月28日

○韓国一人歩き

 団体旅行とは気楽なもので、一人の旗振りさんが右だ左だシグナルを出すとその通り動けば別に迷うこともなく目的地に行け目的を達成できるのです。しかし何かのハプニングが起こって一人だけになるともうこれは大変で頭がパニックになってしまいます。ましてや言葉も通じない外国という場所で「私の行く所は何処でしょう」と聞いているようなものですからもうお手上げなのです。私は今回の板門店一人旅が3時までに到着することを知っていましたので、密かに一人歩きを目論んでいました。目的地は2ヶ所です。景福宮(キョンボックン)という李氏朝鮮の初代王によって創建された最初の王宮を見学することです。前回の訪韓では閉門儀式が見れなかったので、丁度3時の解散なのであるいはと期待を寄せていました。もう一つは南大門と市場の見学です。夕方みんなとホテルで落ち合う6時までは3時間もあるので前日の夜、同じ部屋の日浅さんが寝静まった頃地図を片手に場所の確認をして板門店行きのバスに乗り込みました。

 ツアーのバスは自由の橋や食事を終えて無事出発した場所に帰って来ました。さあ韓国一人歩き旅の出発です。首にカメラをぶら下げ、背中にはリュックの出で立ちでせみ時雨の中軽やかに歩きました。ズボンのポケットに入れた携帯電話のスイッチをオンにして万歩計もスタートです。景福宮が見えてきましたが10車線もある前の大通りは何処を横断したらよいのか分かりませんでしたが、少し下ると高架橋が見えました。汗をかきかき遠回りをして脇門あたりに出ました。中に入ると広大な敷地の中では既に閉門の儀式がまるで宮中絵巻を見ているような姿で再現されていました。大きな太鼓が叩かれ武官の群れがまるでマスゲームのように隊列を組んで動いています。この様子は韓国語、中国語、それに日本語と英語に同時通訳され見る人に説明され、その意味をよく理解することができました。遠巻きに見学する外国人の数も多く、アメリカ人と思しき観光客は「オーワンダフル」を連発していました。左から右へ前から後ろへと移動しながら写真に収めましたが、一人歩きの特典でしょうかいい韓国の一面を見せてもらいました。

?

 景福宮を出て日本大使館やアメリカ大使館付近を通り、ソウルで一番広いといわれる景福宮前の世宗路から李舜臣将軍銅像を経て太平路の歩道を歩きました。そかから南大門まではかなり距離がありますが博物館や徳寿宮を横目で見ながら結構楽しく歩きました。ロイヤルホテルへは随分と迂回する道順ですが、第2の目的地南大門市場の活気はそれを忘れさせてくれました。

 ロイヤルホテルが目と鼻の先まで歩いて帰った所で雷を伴ったかなり激しい夕立のような雨に出会いました。軒先を借りて雨宿りを市ながらやっとの思いでホテルへ到着しましたが、夏の雨とはいいながらかなり濡れてしました。万歩計を見ると何と今日は2万歩も歩いているのです。お昼はバイキング形式の昼食だったので思い切って食べたつもりでしたが、どうりでお腹が空くはずです。見知らぬ異国を一人で歩けた充実感は何ともいえない楽しいものでした。

  「ソウル路を 一人ぶらぶら 散策す 新旧混在 まるで日本だ」

  「見たかった 閉門儀式 間に合って 厳かなりし これがタダとは」

  「いいですね 隣の人が 声かける 相槌打ちつつ 宮中絵巻」

  「ゴロ・ピカ・ザー いきなり夕立 濡れてゆく 少しひんやり 気持ちよくって」 

[ この記事をシェアする ]