人間牧場

〇昨日は昼ご飯を食べるのを忘れていました
 これまでは、家周辺の草刈りも、人間牧場や港の見える丘の草刈りも、朝から夕方まで一日中やっても苦になりませんでしたが、さすがにこの年齢になると、その日は何ともないのに、2~3日すると疲れが出るようになりました。


植えたクヌギの木も大きいのは背丈の2倍ほどになりました

 ゆえに朝はゆっくり、昼はのんびり、午後は早めに農作業を切り上げて帰るよう心掛けています。昨日も港の見える丘に植えているクヌギの木の下草刈りに出かけました。このところ草刈り機のエンジンの調子がイマイチなので、昨年同じようなエンジントラブルに見舞われた折、地元の農機具屋さんに持って行き、直している様子をみていたので、見よう見真似で少し太い針金で排気口をつつき、こびりついたカーボンを取ったところ、調子を回復しました。

「いいぞいいぞ」と心躍って調子に乗り、昨日は夕方4時過ぎまで、残った下草を全て刈り終えました。「よ~し終わった」と思い気が付くと、どうやら昼ご飯を食べるのを忘れていたようです。ポケットのスマホに妻から「お昼になっても帰らない?。大丈夫。お昼ご飯はどうするの?」とメールが入っていました。まるで一生泳ぎ続けるマグロのようです。農作業をしても秋も深まり汗もかかず長閑な一日でした。

「近頃は お歳のせいか 2~3日後 疲れが出るので の~んびりゆっくり」
「よしやろう 意気込むけれど 草刈り機 調子イマイチ 見よう見真似で」
「いいぞいいぞ 治ったようだ 草刈り機 調子に乗って 昼飯忘れ」
「昨晩は 疲れていたのか 炬燵にて テレビ見ながら ついウトウトと」

[ この記事をシェアする ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください