人間牧場

投稿者: | 2021年6月20日

〇昨年に続いて騒動

 昨年は映画二宮金次郎絡みで中山十彩会の皆さんと、1万本のヒマワリを植える騒動に息子に言われて巻き込まれ、わが家の家庭菜園にも余ったヒマワリの苗を植えて欲しいと頼まれ、500本程のヒマワリがわが家を飾りました。花が終わった後の種取りも手伝わされ、それはそれとしてまあそれなりにいい夏でした。

昨年はヒマワリ騒動に巻き込まれました

 ところが今年私が外反母趾の手術で2ヶ月間入院し、無事退院して6月最初に自宅に戻ってみると私が留守中に、中庭全体に今年は朝顔の苗が、まるで苗屋さんのように並べられていて、私と同じ早起きの長男息子は、仕事に行くまでの寸暇を惜しんで水遣りや支柱立てに余念がないようで、さすがの私も飽きれてものが言えない状態です。

庭中朝顔でいっぱい

 その朝顔が2~3日前から1輪2輪咲き始め、息子の作業も熱を帯びてきました。聞けば朝顔市のようなものをやりたいそうですが、息子の難点は自分の小遣い銭ををはたいてやるのは結構なのですが投資た金額を回収せず、カブト虫にしても無償配布して、むしろ心の投資効果を狙っているようなのです。こんな馬鹿げた行動は長続きするはずもないので、やんわり注意していますが、聞く耳を持たず楽しそうにやっています。

「昨年は ヒマワリ騒動 巻き込まれ 今年は朝顔」

「退院し 帰ってみると わが家庭 所狭しと朝顔並ぶ」

「朝顔の 花が咲いたと 得意顔 息子のやること 理解苦しむ」

「この息子 誰に似たのか 意味不明 いつもハラハラ ドキドキ連続」

[ この記事をシェアする ]