人間牧場

○越智商工会青年部での講演

 自分がそれ相応の年齢になったからでしょうか、それとも青年の力が弱ったからでしょうか、最近青年の集まりに出る機会が段々少なくなってきたように思うのです。私は青年団出身で、そのことを今でもある種誇りに思い、青年団で手に入れた①仲間、②ふるさと、③主張、④感動、⑤夢という五つの道具を使って生きているのです。故に青年団を含めた青年活動には関心もあって、請われれば何をさておいても駆けつけるのです。
 今治市菊間町・大西町・波方町商工会が合併統合して越智商工会となっていますが、今年1月16日越智商工会で開かれた新春講演会に招かれたご縁で、今度は商工会青年部に招かれ昨晩出かけて行きました。

星の浦海浜公園のモニュメント

 私は旧菊間、旧波方へは時間の都合で出かけられませんでしたが、先立って少し早めに星の浦海浜公園と、藤山健康文化公園へ出かけ、事前調査の真似事をさせてもらいました。星の浦海浜公園はとても落ち着いた感じのする公園で、ピラミッドのような石組みのモニュメントがとても気に入っていて、道の駅になっても良さそうな雰囲気があるのですが、残念ながらトイレと小さな売店があるものの、活性化の手立てはしてないようです。松山の大山寺等と今治の国分寺等を結ぶ遍路道や交通量の多い国道196号沿線でもあるので需要は十分見込め、私だったらもっと活用したいと思いました。休憩所付近で姫路から来たという初老の遍路さんに出会いました。これまで雨続きだったこともあって、洗濯も移動も難儀をしたと、自慢の自転車を見せながら、洗濯物を暖簾のように干してくつろいでいました。

公園入り口にある近藤哲夫さんの作品「継獅子」

 

山頂にある妙見山古墳

 ついで、越智商工会の直ぐ近くの交差点を右折して藤山健康文化公園へ出かけました。この公園を訪れるのは今回が三度目ですが、国の史跡に指定されている妙見山古墳が頂上にあって、手入れの行き届いた広い広い芝生の多目的広場は、愛媛県内でもピカイチの充実した美しい公園だと思うのです。合併以来こんな素晴らしいおらが町の公園も、人に知らせるすべもなく、すっかり埋もれた存在になっていることは、惜しい気もするので、是非今後の活用を期待したいと思いました。朝までの雨も止みこの日久しぶりにかを覗かせた夏の太陽を浴びて、公園内を散策し大いに汗をかいてしまいましたが、私の知的コンテンツを大いにくすぐったようでした。

見事な芝生公園

越智商工会青年部の研修会

 商工会青年部の研修には沢山の青年と思しき人たちが集まっていました。私は90分にわたり熱弁をふるいましたが、青年部らしい反応は今一のようでした。それでも講演が終わって二人の青年が控室へ名刺交換にやって来てくれ、少しの時間お話をさせてもらい、是非人間牧場へ行きたいとリクエストがありました。商工会青年部に期待したいのは、自分の生業である商売をしっかりすることは勿論ですが、買い物難民といわれる人たちへの、出張販売を含めた新しいコミュニティビジネスを起業することなど、新しい視点での地域づくりに一歩踏み出して欲しいと思うのです。
 若者の夢や希望、それに行動力に大いに期待したいものです。

  「そういえば つい最近は 青年の 集会減った ような気がする」

  「年齢が 若いだけでは 青年と 言えない俺の 方が若者?」

  「若いとは 何にも増して 貴重なり 歳とるほどに 若さ懐かし」

  「講演が 終わると直ぐに 若者が 名刺交換 嬉し反応」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。