shin-1さんの日記

○美幌町散策スケッチ(その①)

 「お早うございます。起きていますか。起きているのなら早朝散歩をしましょうか」とガイドの会の三浦さんから朝一番に電話がかかってきました。北の国北海道は日暮れも早いのですが夜明けも早いのです。早速身支度を整えてホテルのロビーに出てみると、三浦さんはロビー横の机にパソコンを置いて立ち上げていました。三浦さんはパソコンの達人で、今回の旅の往復切符の手配など全てをパソコンで対応してくれました。また様々な活用をしているようで、将来はその道に進んでも飯が食べれるほどと実感しました。「今度会う時に航空チケットの取り方をお教えします」と約束をしていたので、私のパスワードにそれらを入力する作業をしてもらいました。私も少しの時間をいただいて、美幌でしか書けないブログを短めながらさしあたり2本書かせていただきました。

 終えると早速散歩がてらあちこちを案内してくれました。井上さんの神社にまず参拝しましたが、神社の素晴らしさにまずは感動でした。9月の初めに秋祭りがあったそうですが、神社の参道には沢山の出店が並び盛況だったというお話でした。また北海道の歴史を語るとき必ず出てくるアイヌのことについても立ち話のような形で聞き入り、砦跡などを見学し美幌の歴史を知ることができました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

 前日講演前に最初に訪れたのはJR美幌駅でした。駅には観光物産協会が入っていて会長さんや事務局長さんを表敬訪問して色々な話を聞きました。駅構内には美幌町の特産品センターもあって、狭いながら色々な特産品を販売していました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

 駅の横には映画「君の名は」の歌碑が立っていました。私は昭和19年生まれなので「君の名は」という映画は見たこともなく記憶にありませんが、戦後流行った人気映画であったことはよく覚えているのです。北海道は比較的歴史が浅いと言われていますが、当時は国民的な話題となった「君の名は」という映画にまつわる観光ガイドだけでも面白いストーリーが組めるし、美空ひばりの演歌「美幌峠」もいい歌だと思いました。


 美幌には面白い見所がいっぱいありました。中でも必見は美幌小学校の校舎です。とんがり屋根のある淡い色調の小学校はまさに北海道って感じの校舎でした。同行した美女二人と写真に収まりましたが、中学校も色調を合わせていて、美幌に行ったらこの二つの建物は必見して欲しいものです。

若松進一ブログ

 私のように日本全国を歩くと、必ずいい街だと思うところには必ず3つの条件があります。①人が集まり挨拶ができて時間が守れる、②公衆トイレが綺麗、③枚の至る所に花がしているということです。何気ないことですがこの何気ないことをやっている街は素晴らしいと思うのです。

 待つ品さんに案内してもらった松島さんの町内会が世話をしている花壇はとても立派でした。この花壇を見ただけで心が和みました。観光はこうした地道な町民の町を美しくする気風が育もものなのです。これこそ今回のテーマであった「もてなしの心」なのかもしれません。寺町通りも、航空公園もタマネギ畑も生かそうと思えば幾らでも観光資源は眠っているのです。要はそれに気づきそれを生かそうとするかどうか、まさに実践ではないかと思うのです。雪の美幌も素敵でしたが、秋の美幌もまた素敵でした。

若松進一ブログ

  「ガイドされ 町を見学 いい町と 思える資源 あり過ぎ困る」

  「学校も 観光資源 使いたい メルヘンタッチの 絵になる風景」

  「もてなしは 町が綺麗も 条件だ 花の咲く町 住む人素敵」

  「朝散歩 アイヌの砦 丘に立つ ここに消える 歴史の重み」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。