shin-1さんの日記

○北海道はでっかいどう

 私はまるで運動会のリレーバトンです。最初の3日間は佐呂間町教育委員会の平戸課長さんはじめ3人のスタッフが、その次の日は佐呂間町の漁師船木さんと画家岩山さんが引き継いでくれました。そして最終章である美幌町では三浦さん始め観光ガイドの会のメンバーが私の案内役を果たしてくれたのです。

 船木さんと一緒に午前10時、美幌町役場前で三浦さんたちと落ち合い、美幌の人となりました。さて何処へ行くと希望を聞かれたものの、行くあてもなくとりあえず昼食場所として屈斜路湖湖畔にあるどでかいプリンスホテルで、バイキングを楽しむことになりました。

 その途中に町営牧場と美幌峠があるので、とりあえずその二つを見学しました。前回今年2月に訪れた時は氷点下10度、しかも大雪の中での見学でしたがが、今回はそろそろ秋を迎える爽やかな季節の訪問なので、同じ場所を定点観測のように見学させてもらいました。

若松進一ブログ

 前回の一押しの写真は上の網走オホーツク海流氷の上でのポーズでしたが、今回は美幌峠から屈斜路湖を臨む場所でのポーズとなりました。北海道の四季はこうも風景を一変させるのかと、パソコンアルバムを呼び出しながら記憶の糸をたどりました。

若松進一ブログ

若松進一ブログ

(上は2月の美幌峠の美空ひばり歌詞碑、下は今回の歌詞碑)
若松進一ブログ

若松進一ブログ

(上は今回の町営牧場、下は2月の雪深い町営牧場)
若松進一ブログ

 美幌峠はシルバーウィークが始まった土曜日だったため、北海道を中心にナンバープレートのオンパレードのようなかなりの車が立ち寄っていました。その中に愛媛ナンバーの車があって、松山の人と偶然にも出会い、双海のことをよく知っていて驚きました。高速道路千円の効果は抜群のようでした。

 美幌峠は知る人ぞ知る天下の景勝地です。かつては「君の名は」という映画のロケ地にもなって佐田啓二、岸恵子が主演、当時の話題をさらいました。レストハウスにはその当時の懐かしいロケ風景の写真が展示されていました。ここでは珍しいクマザサソフトクリームをご馳走になりましたが中々の味でした。

若松進一ブログ

 元来た道を引き返し少し早目にグランドホテルへ入り休ませてもらいました。このホテルはその夜の講演会の会場となるところですし、前回も宿泊した美幌町内の懐かしいホテルです。ホテルの従業員さんも私のことを覚えていて色々な話をさせてもらいました。

 夕方の講演会は開場が午後6時、開演は午後6時30分です。観光ボランティアガイドの会主催なので真っ赤な制服を着たガイドの会の綺麗どころとも言える30名会員のほかに、一般の方も参加してほぼ100名で満員となりました。「実践者の経験を通したおもてなしの心とは」という演題は少々お堅い感じもしましたが、何とか楽しいお話をさせてもらいました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

 かくして長くも短い、4回ものバラエティーに富んだ北海道での講演を無事終えることができました。会終了後の懇親会も4回を数え、最後の回こそ時間も短く茶話会となりましたが、他は深夜に及んだ交流となりました。気力も体力も知力も充実していて、軽い自分のフットワークに感心しながらその夜はぐっすりと寝込みました。


  「冬と秋 同じ場所見る 天と地の 差もあるほどに お目々白黒」

  「旅先で 見つけたナンバー 愛媛文字 懐かしなりて 声かけ話す」

  「四回を やっと終えたと 息をつく さすがに少し お疲れモード」

  「また増えた 熟年女性の 顔見知り 好きになりそな 予感がしつつ」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。