shin-1さんの日記

○オホーツク寒気団との交流会

 船木さんと岩山さんと3人で、弟子屈町から本の道を津別町まで引き返しました。でてこいランドという障害者の施設での交流会に参加するためです。でてこいランドは施設の殆どが皆さんの手作りによるもので、寄付や勤労奉仕によって立てられ、ボランティアによって運営が行われているようです。施設的には粗削りな部分も見られますが、その分皆さんの思いのこもった施設なのです。私は船木さんや岩山さんと早めに到着しましたが、キッチンでは町長の奥さんが高齢者のための宅配弁当を作っていました。

 オホーツク寒気団というまちづくりグループが近郷近在から集まって来るのは午後7時過ぎなので、のんびりと過ごさせてもらいました。船木さんは自分の持参したホタテのむき身や銀シャケをさばいて調理を始めていましたが、私は本を読んだり早めにやってきた人たちと名刺交換をしたりしました。

若松進一ブログ

(でてこいランドの正面玄関と船木さん)
若松進一ブログ
(津別町の佐藤町長さんや訓子府町議会の橋本議長さんも参加されて賑やかな交流会となりました)

若松進一ブログ

(私も15分余り自己紹介を兼ねてお話をさせてもらいました)
若松進一ブログ

(佐呂間の3回講演会を全て聞いたお寺の奥さんである真如さんとツーショット)

 網走市議会の民主党幹事長平賀議員さんとは、政権交代の裏話や地方議会の変貌ぶりなどを興味深く聞きながら、夜の更けるのも忘れて大いに語り合いましたが、参加したオホーツク寒気団のメンバーはうわさにたがわず元気いっぱいで、美幌からも三浦さんや井上さんが参加していて、皆さん酒の勢いを借りてとても深い交流ができました。

 この日の交流会は深夜にまでおよび、私は明くる日のこともあるので午前1時に床に就きましたが、朝方まで飲んでいた面々はやがてその場に行き倒れのような形で眠り、まるで傷んだ掃除機のような大きないびきが私の安眠を妨げたようです。


 今回私の追っかけに徹したお寺の寺族である真如さんは、私の話を二日間で3回も聞いてくれました。多少のダブりはあってもまあ相手が違う話しに目を丸くしていましたが、それにしても隣町といいながら距離数の長い北海道を飛び回って交流に参加してくれた真如さんに脱帽し、厚くお礼を言いたいと思い、再度の出会いを期待しているところです。

 船木さんの話だと再び出会う機会がありそうだし、また船木さんがお世話している国内研修などで目的地として愛媛県を考えているそうなので面白い交流に発展するかもしれません。


  「まちづくり 心許せる 人ありて 夜を徹して 熱入れ話す」

  「掃除機の 壊れたような いびき聞き 寝付かれなくて 朝を迎える」

  「わが話 三回も聞く 凄い人 私は絶えず 彼女意識し」

  「年齢は 嘘はつかぬと 納得す 気力体力 知力も落ちて」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。