shin-1さんの日記

○夕日の前で結婚式の前撮り写真

 夕方テレビの天気予報を見ると、このところ晴天の日が続いて県下各地に晴れマークがつき、明日は何かいいことがありそうな予感がするのです。でも実際明くる日が今日となり一日が終わってみると、「今日も残暑が厳しかったなあ」くらいで終わってしまうのです。まあ人生なんてそんなものの連続だと、諦めて過ごしていますが、それでも双海の海にジューンと音を立てるように沈んでゆく夕日を見ると満ち足りたような幸せを感じるのです。

 一昨日も昨日も人間牧場で作業をして帰り際綺麗な夕日を見ることができました。もう20年余りも夕日にこだわって生きていると、夕暮れ時になると胸騒ぎのようなものを感じるし、夕日の写真を撮ったり、夕日を見ている人の姿を眺めたりしながら右往左往する自分の姿にハッと気がついたりするのです。

 最近はシーサイド公園から見える夕日の認知度が高まり、夕暮れ時になるとどこからともなく人が集まり、別名夕日の観覧席と呼んでいる階段式護岸に座って夕日を見ながら物思いにふけっている人をよく見かけるのです。下の写真は一昨日の夕日の写真ですが、よく目を凝らしてみると砂浜に何やら白い服を着た人たちが歩いていました。とっさにそれが若いカップルであり、結婚式の前撮り写真の撮影であることを察知しました。

若松進一ブログ

 最近の若い人はオリジナルな結婚を好む風潮があって、中にはシーサイド公園で結婚式を挙げるカップルもいるほどです。当然白い砂浜、青い海、茜色の夕日とくれば、写真撮影には絶好のスポットで、まるでプライベートビーチのような感じもして人に邪魔をされることもないので、多くのカップルが利用しているのです。

 私のように古い時代の人間は恥かしさが先に立つのですが、最近の若者は人の目など気にせず自分の世界を作り上げて行くようです。

若松進一ブログ

 白いウエディングドレスとタキシードは良く夕日が似合います。夕日の色に染まる二人の姿は幸せそのもので、時にはシルエットとなってピンク色に染まるのです。塩けた砂がウエディングドレスを汚しはしないかと要らぬ邪推をしてしまう愚か者の私でも、二人に幸せを祝福する大きな拍手を送ってあげたいような心境になるのです。

 こんな幸せな人生のスタートをしていながら、最近の若者は直ぐに離婚してしまうことも解せないといえば解せないのですが、ひょっとしたら彼らは減点人生を歩むからではないかと思うのです。減点、つまりお互いが100点からスタートすると、「こんなはずではなかった」と減点し続け最後には破局を迎えるのです。私たちのように最初は0点でしたが少しずつオア互いの長所を認め合いながら加点し、まだまだ100点には届かないものの、今に100店に到達すると信じて暮らして行けば、人生は楽しいと思うのです。いい人生、それは減点ではなく加点であると思うのですがいかでしょうか。

 昨日も多分今日も綺麗な夕日が双海の海と空を染め分けて沈んでゆきます。明日はその夕日が朝日となって昇ってきます。今日もいい一日でありますように。


  「このところ 綺麗な夕日の 連続で 何か幸せ 感じています」

  「カップルが 夕日の前で 前撮りを 幸せになれ 大きな拍手」

  「減点か 加点かにより 人生は どっちに転ぶ 考え次第」

  「身と心 夕日が染めて 沈みゆく 明日幸せ 予感がしつつ」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。