shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年8月31日

○四国ブロック青少年国際交流を考える集い2009愛媛大会

 旧友である四国電力の水島さんから誘いを受け、「四国ブロック青少年国際交流を考える集い2009愛媛大会」で講演をすることになり、昨日の午前中松山の共済会館へ出かけました。かつて青年の船に班長として乗船した経験を持っているので、本当は私もこの会のメンバーなのでしょうが、30年も前の出来事なのですっかりご無沙汰をして、心が痛んでいたので恩返しのつもりで水島さんの申し出をお引き受けしました。しかし最初予定していた土曜日の講演が、愛媛大学の客員教授をしていることもあって中四国ミュージアムフォーラムとバッティングしてしまい、お断りを入れましたが日程変更してもらいこの日の講演会となったのです。

 主催団体の愛媛県青年国際交流機構の芝育生会長さんは四国電力に勤めていて、この日のためにわざわざ自宅まで6月末打ち合わせに来ていただき、その後もメールで演題などについて度々ご連絡をいただき昨日の講演となったのです。

若松進一ブログ

 帰国報告会と壮行会を兼ねているこの会なので、報告会に間に合うよう遅ればせながら少し早目に会館に到着してロビーに行くと、今日の催しの告示板に私の名前が書かれていて、一瞬驚きました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

 4階のホールでは世界青年の船に乗船した方々の帰国報告会が行われていて、一般席に座って興味深く聞き入りました。青年の船、ホームスティ、船内活動などの話を聞く度に懐かしい32年も前の出来事がわがことのように蘇ってきました。また20年度の参加者の壮行会も行われ、不安と期待の交錯する心情を吐露していました。

 この研修会には、内閣府政策統括官付共生社会政策担当、国際調整担当参事官補佐の秋田隆さんも見えられ、主催者あいさつをされたようで、名刺交換をさせてもらいました。


 会場には旧友田宮さんや水島さんも見えられ、講演会は沢山の人に参加していただきました。私にとって青年の船への乗船でアメリカ・メキシコ・ハワイへ行ったのは32年前の昭和51年前の出来事なのに、今も鮮烈な印象として蘇ってきます。特に私のプロフィールにこのことを書き込んでいて、いつも自分を励ます道具として使ってきたような気がするのです。もしあの経験がなかったら私の感性も価値観も変わらなかっただろうと思うと、いかに30歳の時の経験が鮮烈であったか想像できるのです。

 講演終了後秋田さんから、指導者で青年の船に乗ったらどうかと私的なお誘いのお話がありましたが、そんな機会があったら参加してみたいと思ったりしました。

 久しぶりに国際交流に関わる若い人たちと会って、若いということの素晴らしさをしみじみ感じました。もう若さへの後戻りはできないけれど、これからは心の若さを持ち続けしっかりと歩いていこうと思いました

  「会う度に 昔のことが 懐かしく 思い出される いい旅だった」

  「あの人も この人顔も 時を経て 年輪刻む 人の定めと」

  「青年の 船に乗る人 降りた人 悲喜こもごもの 人生ありて」

  「もし次に 機会があれば 再びに 挑戦したい 一瞬思う」



[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. 愛媛県国際交流機構の芝です

    SECRET: 0
    PASS:
    コメント投稿が遅れ申し訳ありません。
    先日の講演会は本当にありがとうございました。
    わずかな時間の打ち合わせでしたが、私の想いを汲んでいただき、楽しい話をいただき嬉しく思います。
    葉書の話は特に嬉しかったです。
    人との繋がりは最近ではメールなんぞ機械での通信が多く、疎通できませんから。
    今回の講演会にあたり、昔のメンバー30人に往復葉書を出しました。
    うれしかったですね。
    田宮さんは、わざわざ電話で出席できないかもしれないとの電話がありました。
    Aさんは、夕方から翌日も出席すると・・・・。
    水島さんは日曜日のみ・・・・。
    一番嬉しかったのは、7回の青年の船に参加された田坂さんから、「芝君、日曜日の夜に松山で会議があり宿泊するので、日曜日のイベント参加するから日程を教えて・・・・と、土曜日の夜に電話があり、翌日で会えたこと。
    人との繋がりはメールだけでなく、アナログ交流も大切なのだと痛感したしだいです。
    講演会の中で、できればもう一度海外に行きたいとお話されていましたが、すでにそのチャンスが来ているみたいですよ。
    参加してくれた会員も想いが伝わったと思います。
    徳島のメンバーが、講演会は最後でしんどいから後ろで寝るといいながら、目をかがやせて聞いてましたから。
    本当にありがとうございました。
    当日、選挙のため講演会を聞くことのできなかった事務局長には、録音したDVDを見せながら、酒を酌み交わしたいと思っています。
    近いうちに、交流事業に参加する若松さんを壮行できることを期待します。
    機会があれば、是非、団長さんで参加して、若き参加者を鍛えてください。
    本部は結構本気みたいですよ。
    次の出会いを楽しみにしています。

コメントは停止中です。