shin-1さんの日記

○「自悠くらぶ」人間牧場便り100号のバックナンバー・その②

 2008・12・26地元のおばさんたちに足湯のサービス、12・19文章も毎日書いて凡事徹底すれば非凡になる、12・12キツツキ、12・6座布団の贈り物、11・28日本一目立った男、11・21夕日寄席で落語ならぬ落伍、11・14全国から紅葉の便り、11・7どこの夕日が日本一?、10・31青少年健全育成のボランティアは楽しい、10・24真ん中に日本のない世界地図、10・20小さい秋を見つけました、10・10人間牧場に大学生がやって来た、10・3二宮金次郎は何の本を読んでいるの?、09・26田舎の青年団が消えちゃいました、09・19県内最古の木造校舎がある翠小の運動会、09・12夕焼けプラットホームコンサート、09・5人間牧場の芋畑に非常事態宣言、08・29卒寿を迎える親父へのラブレター、08・22トマトとトンボ、08・15エイズキャンペーンイベント、08・08年輪塾始まる、08・01源流を探る、07・25漁師さんのストライキ、07・18友あり遠方より来るまた楽しからずや、07・11丸木舟との出会い、07・04「恋人岬」で結婚式、06・27カブトムシの幼虫、06・20恩人への恩返し、06・13ジャガイモとタマネギの収穫、06・06

「ほたるこい」、05・30人間牧場でサツマイモ植え、05・23「恋人の聖地」に認定される、05・18「みかんの花咲く丘」、05・09えっ「うどんの花が見てみたい」だって?、05・02人間牧場でのトラブル、04・25石積み、04・184つの道具を手に入れた青年リーダー塾、04・04赤トンボ先生、

若松進一ブログ
(「人間牧場」だよりのバックナンバー)

 03・28めでたく卒塾、03・21「サツマイモ命のリレープロジェクト、03・14菜の花ウォーク、03・07日本一の夕日、02・29日本一の朝日を見た、02・22木登り、02・15春の訪れと障子の張り替え、02・08首切り大根、02・01葛原しげるの生家の前で、01・25ブルーベリーを植える、01・18暖かい薪ストーブ、01・11田舎暮らしは楽しいよ、01・07枯れ葉を土にする、2007・12・28子どもと一緒に土づくり、12・27田舎のオープンカー、12・26キツツキ捕獲、12・07夕やけこやけライン、11・30ふるさとの秋は素晴らしい、11・23落語ならぬ落伍の高座、11・16心のリフレッシュ、11・09木になるカバン、11・02今年はイノシシに勝ったぞー、10.26星がきれいです、10・19手づくり遊び道具、10・12風呂が恋しい季節です、10・01秋には秋の花が咲く、9・26夕日は今が旬ですと、まあ書きも書いたり100本100号です。まさにちりも積もればという感じです。

 何の変哲もない田舎に住むリタイアしたおじさんの目を通して見たり感じたりしたことを、脈絡もなく書くのですから、始めたころも今も不安だらけです。でも一緒に始めた田の執筆者の倍も書いている割には筆の疲労もなく、2代目のデジカメをいつも手元に持って「自悠くらぶ」的、「人間牧場便り」的眼で見たり感じたりしながら日々を暮らせる幸せをかみしめています。

 100号がアップする明日金曜日が来れば、次の101号の記事を送らなければなりません。次号は二日間で15時間の過酷な集中講義の様子を書こうかと思っていますが、月末と月始めはスケジュールが混み合って超多忙な日々が続きそうなので、原稿締め切りギリギリになるかもしれません。

 2007年・2008年・2009年と3年にまたがっていますが、書き始めてから間もなく2年が来ます。送った原稿を毎回チェックをしていただく「自悠くらぶ」の担当者に厚くお礼を言います。勿論毎回楽しみに読んでいただく読者やメールで感想をお寄せくださる方々にも同じように思いを込めて感謝します。

 最近は色々な雑誌などからコラム欄に原稿を頼まれることが多くなりました。「自悠くらぶ」ほどの頻度ではありありませんが連載も2~3本あって、すっかりコラムニストのような感じがします。コラムニストとは直訳すれば随筆家でしょうが、私の場合は拙文ゆえ埋め草(空いた紙面を埋める)程度のものなので、気張らず見栄を張らずあくまでも自分サイズを貫いて行きたいと思っています。

 

  「よくもまあ 続いたものよ 百号も 凡事徹底 少し非凡に」

  「次からは 思いも新た 心決め さらなる飛躍 自分に誓う」

  「読み返し 読み返しつつ 振り返る 記録残るが 記憶残らず」

  「自悠とは いい名だ名前 恥じぬよう 自悠に生きて 自悠な記事を」

 

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。