shin-1さんの日記

○若松さん、覚えていますか?

 「若松さん、覚えていますか?」という言葉を最近よく聞きます。その度に「えっ」とたじろぎながら記憶の糸を手繰るのですが、初老となった(自分ではあまり思わないが年齢的にそうだし、相手も思っているだろう)私には過去を思い出すような柔軟な記憶回復装置はもうないのです。「失礼ですが、何処でお会いしましたかね」と、正直に断りを入れて話を繋げるのです。

 昨日もそうでした。野川喜美子さんと一緒に人間牧場を訪ねた宮崎県ご一行の中の一人の女性が、「実は何年か前宮崎へ講演に来られた時お会いしているのです」と一冊の本を差し出し中をめくりました。「好っじゃー小林」(私たちはふるさと小林が大好きです)という、平成9年・10年小林おもしろ発見塾の報告書の中に、講演をしている私の姿に加え、塾のみなさんと楽しそうに夜なべ談義をしている姿が写っていました。柳田きえ子さんは「ほら、あなたの横に座っているのが若かりし頃の私です」というのです。勿論彼女が10歳も若いころの写真ですから私も10歳若いのです。お酒を飲んでいた晩年の頃で、顔はふっくらして一番元気な時代だったのかもしれません。

 「小林のインターまで迎えに行った車が窓も開かない、冷房の効かないポンコツだったので、開口一番そのことを面白おかしく話されましたね」と、話したことまで覚えている記憶のよさですから、具の根も出ない始末です。そういえば私はあの時出張先の島根県掛合町から夜行バスに乗って夜中を走り、博多まで出て天神発小林インター着の高速バスに乗って小林へ入りました。私の住んでいる愛媛からはもっと別のルートがあるのですが、松江からだと時刻表で調べてこれが一番の安上がりで時間通りにつける最高のルートだと思ったのでした。

 気になって自分の書棚の奥にしまっている卓上カレンダーというメモ帳をくってみると、1998年、つまり平成10年8月23日ちに確かに宮崎県小林市と書かれていました。「魅力ある地域づくりのヒント」と題し、文化会館小ホールで一般公開講座と兼ねてお話しているのです。

 私は小林市で求めに応じ様々な活性化策をお話ししました。中でも私が忘れられないのは「全国の小林さん集まれ」なんてことをやったら小林旭、小林幸子、小林亜星さんも巻き込めるのではと大法螺を吹き、みんなそれはいいアイディアだと褒めてくれましたが、多分夜なべ談義の酒で忘れてしまって実行していないでしょう(笑い)。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

(壇上で講演する私)
若松進一ブログ
(Vサインして悦に入ってる私の横が柳田さん)

 人間には覚えていることいないこと、色々なことがありますが、もし私の卓上カレンダーに、もし小林おもしろ発見塾の報告書に記録されていなかったら、私と柳田さんの出会いも淡泊だったし記憶には残っていないと思いながら、記録されるものだけが記憶されるという宮本常一の言葉が蘇ってきました。しかし記録は幾ら残っていてもそれをどう蘇らせて活用するかが重要です。柳田さんは私との再会の手立てとしてこの記録を持参してくれました。しかしもっと大事なのは沢山の方々がおもしろ発見塾で話したことをどう次につなげて行くかです。昨晩は報告書をめくりながら地域づくりのヒントがたくさん詰まっていることに気づきました。例えばは「あの橋この橋」という報告は凄い橋が小林市にあることに着目しています。この橋をめぐる橋ツアーなどを計画すると小林市にしかないコースが誕生するのです。私が訪れた高知県四万十市西土佐でもそのことがきっかけで橋巡りというツアーが誕生しているのです。参考までに気になった点を書いておきました。


  「覚えてる? そんな問いかけ 言われても 覚えているか 昔のことを」

  「そういえば ポンコツ車 お出迎え 夏の盛りに 思ったものだ」

  「あの時に 私が言った アイディアも 酒で流して 忘れ去られて」

  「小林で 飲んだお酒が 原因で 思いたくない でもそうかもね」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。