shin-1さんの日記

○集中講義二日目

 今朝は4時過ぎに起床して早朝読書をやりました。5時になって少し外が明るくなったので外に出て、庭の隅に置いてあるブルーベリーの鉢植えに干すを引っ張って水をやりました。近くのクロガネモチの木にルビー貝殻虫が異常に発生してその影響でブルーベリーにも飛び火して、先日親父の協力で防除をしましたが、まだ残っているようで、気がつくたびに手で取っているのですが間に合わないようなので、近々再度消毒をしなければと思っているのです。水をたっぷりやり、ブルーベリーの専門家である友人の教え通り化成肥料を一振り二振りやりました。そのうちホースを片づけて隠居へ行きいつものことながら親父の腰にサロンパスを張ってやりました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

 今日も昨日に続き手弁当がいるので、日曜日ですが妻は早起きし弁当を作ってくれました。そのうち泊りに来ていた孫二人も起きてきて賑やかな朝食となりました。身支度を整え私は8時過ぎに家を出ました。待ち合わせ場所には既に小田先生はじめ事務局の方々が集まっていました。断りを入れて一足早く近道を登って行きました。昨日の朝と同じように全ての施設の戸を開け、足湯のためにボイラーに火を入れてお湯を溜ました。やがて学生たちが下山して来て賑やかになりました。今日は仕事の都合なのか昨日より幾分少ないようでしたが、9時過ぎには講義が始まりました。昨日はどちらかというとまちづくり論も活性化論も総論的なことが多かったのですが、今日は理論よりも論理に重点を置いた話しようと思いました。午前中は今のの時代を読むことと私のまちづくりの発端となった自分の町を語れない悔しさや、人づくりの重傷性について、また田舎嘆きの10カ条について話しました。

若松進一ブログ
(昼休みには学生が素敵なフルートの音色で心を癒してくれました)

 また午後からは事例研究として夕日によるまちづくりと、人間牧場についてお話をさせてもらいました。このくらいたっぷり時間をとってもらうと微細な話もできますが、話す方は夕方少し声がかすれるくらいになりました。それだけ今回の講義には私も思いを込めて話したつもりです。最後に少し時間を取って感想や意見をいただきましたが、かなりハードな講義でしたが皆さんの反応も良かったようでホッと一安心しました。

 みんなで掃除をして貰いそれぞれの思いを胸に再会を誓い合いながら山を下りて行きました。私は愛媛大学法文学部で年間60時間の授業を受け持っています。毎週木曜日の第2時限目に講義をしていますが、今回の講義は集中講義なので少し意味合いの違った授業となりました。でも私にとっては今回の授業は初めてのこともあって何処か新鮮で、いい意味での緊張感がありました。

若松進一ブログ
(休憩時間には足湯のサービスも行いました)

 妻は一昨日熱が出たことが気がかりで帰るなり「心配しとった」と言ってくれ、疲労も吹っ飛びました。学生が「あなたのその元気の源は何ですか」と質問しましたが、私は歯が浮くような話かもしれませんが、「活力の源は家庭だ」と答えてしまいました。妻にその話をすると納得したようでした。

 妻は学生のためにお茶を仕入れて発泡スチロールに氷を入れて冷やし、持参するよう準備をしてくれていましたが、うっかり忘れてしまい、途中で電話が入りそのことに気がついたものの、あえて無視して喋り続けました。

 9月には法文学部の19人の学生が今度はフィールドワークの授業で人間牧場やわが家にやってきます。すっかり恒例になったこの研修もまた心をこめて頑張りたいと思っています。


若松進一ブログ
若松進一ブログ

  「束の間の 昼の休みに フルートの 音色癒され みんなウットリ」

  「十五時間 話して口が 疲れたと 言わんばかりに 声をからして」

  「トイレまで 綺麗に掃除 して帰る 並みではないと そちらに目線」

  「何事も なかったような 部屋一人 残って余韻 楽しむように」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。