shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年8月19日

○みかん一座25周年公演

 一口に25年といいますが、田舎の一座を仕事をしながら座長として25年も引っ張って来られた戒田節子さんは立派な方で、いささかなりとも地域づくりに関わった人間であれば、その苦労がしのばれます。その25周年記念ミュージカル公演が3日間あるという話を、2ヶ月前に友人の清水さんから聞きました。地域づくり人を自認する私たちも何かお役に立ちたいということで、私が塾長を務める年輪塾ネット会員にネットを通じて呼び掛けたところ、私や発案者の清水さんを含めて12人の方々に賛同していただき、珍しい年輪塾ネットの広告協賛と相成りました。普通演劇のパンフレットに広告を出すのは会社か個人でしょうが、私たちは一口5千円の寄付金を募り支援したのです。そんな関わりもあって賛同者は3日間の希望する一日を選んで観劇とあいなったのです。

 農協会館前の広い三差路を通って堀の内へ入りましたが、ここは橋の付け替え工事が行われていて、既に石張りの立派な橋の本体は出来上がり、水面に綺麗な姿を映していました。残暑が厳しいとはいえ、お堀の周辺にも何処となく秋の気配が感じられて、柳の緑も印象的でした。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

 6時半開演ということだったので、6時には並ぼうと清水さんからメールが届いていたので市民会館へ行ってみると、どうやら階上が6時半だったようで、既に来ていた清水さんや青木さん、大河内さんは夕日に照らされて暑そうに待っていました。そのうち米湊さんも見えられ、遠くに松木さんや森原さんの姿もちらほら見えて、列のあちこちから馴染みの顔が笑顔であいさつしてくれました。

若松進一ブログ

 やがて開場となり吸い込まれるように中ホールへ入りました。受付でチケットと引き換えにパンフレットをいただきましたが、広告の欄の目立つところに、「地域づくりの種をまく」と書かれた年輪塾ネットが囲みもの広告として紹介されていて面映ゆい感じがしました。会場は自由席なのでステージに向かって右側の前寄りに年輪塾ネット5人衆の席を確保して座りました。清水さんの配慮で私の両側には、大河内さんと青木さんが座って、両手に花といった嬉しい席の配置となりました。

若松進一ブログ

 ミュージカル公演の前にみかん一座25年間の歩みがDVDで紹介されましたが中々見応えのある記録でした。やがてサンシャイン・アイズ、~輝け瞳!~という演劇が上演されました。毎年同じ場所で愛媛を代表する井上佳子さん率いるイリュージョンの公演を見ている関係で比較して見てしまうのですが、戒田節子さん自身が作も演出も、更に主演までもこなすワンウーマンなみかん一座に比べ、イリュージョンは作、演出と役者が異なり、井上さんは黒子に徹している点が大きな違いだし、みかん一座はストーリが大衆向きで、イリュージョンは前衛的だと思いました。

 夢を食べると言われる動物バクの死と、アミという女性が夢を追いかけながら苦悩する姿が楽しく演じられ、最後は大空に虹の絵を描きたいというアミの夢が叶うというハッピーエンドのストーリーでした。今回は25周年ということもあって、女優五十嵐めぐみさんや旧三崎町出身シンガーソングライターサスケさん、シンガーソングライター宇佐元恭一さんなど豪華キャストが友情出演していました。そのためストーリーが薄められた感じもしましたが、25周年の3日間公演の千秋楽ですから仕方のないことかもしれません。

若松進一ブログ
(リクエストにこたえる最後のシーン)

若松進一ブログ

(戒田さんの最後の挨拶は私も少々ウルウルとなりました)
若松進一ブログ
(戒田節子さんとロビーにて記念撮影しました)

若松進一ブログ
(顔見知りの双子のシンガーソングライターサスケさんとともに)


 私は演劇の終わりにシンガーソングライター宇佐元恭一さんが歌った宮沢賢治の「雨ニモマケズ」に心を動かされました。10月17日総合コミュニティセンターで彼のコンサートがあるようです。残念ながら10月17日は講演が予定されていて聞くことはできませんが、人間牧場用に是非CDを手に入れたいものだと思いました。

 田舎に住んでいると文化祭やカラオケ大会ぐらいしか文化に触れることはないのですが、こうして仲間たちと一緒に観劇すると、どことなく違った爽やかな風が心の中に吹いてくるようです。これこそ異文化ギャップなのでしょうが、これからもたまにはこんな楽しみを作りたいものだと思いました。

若松進一ブログ

  「二十五年 うーん凄いと 感心す 女の力 巌も動かす」

  「いい友を 持てばいいこと 巡り合う 友が私の 心揺さぶる」

  「演劇も さることながら 歌に惚れ CD探し 聞いてみたいなあ」

  「カラオケも いいがたまには 観劇も 感激レベル 四から五へと」





 

[ この記事をシェアする ]