shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年8月10日

○やなせたかしアンパンマンミュージアム②
 まるで犬猫のように動き回る3人の孫に翻弄されて、昨日は高知県香北町にあるやなせたかしアンパンマンミュージアムで2時間余りを過ごしました、大雨警報が出たあいにくの天気だったため外にも出られず、私たち大人にとっては少々憂鬱な一日でしたが、孫たちは大張りきりでした。悪天候が幸いして大した混雑でもなかったため、孫の視点、つまり来館者の視点で色々と見学させてもらい参考になることが多かったように思います

 まずアンパンマンの石像などに迎えられ、夢の橋を渡って夢の箱の中に入って行く導入は子どもたちのワクワク感を引き立たせてくれました。中に入るといきなり着ぐるみのアンパンマンが出迎えてくれ記念撮影です。もうこれだけで来館の価値があり、孫たちの心をしっかりとつかんでいました。3人ともアンパンマンになったようなポーズで写真に収まりました。

若松進一ブログ

 私は残念ながらアンパンマンの漫画を読んでいないので、ストーリーをまったく知りません。でも孫朋樹がボランティアガイドの役目をしてくれ大助かりでした。中に入るとまるで夢の国へ来たような錯覚をするほど色々な展示が並んでいました。孫たちは夢中で走り回り楽しそうに遊んでいました。またビデオ館ではビデオも上映されていて、多くの家族連れが見学していました。私たち夫婦も付き合ってビデオの漫画を見ましたが、朝が早かったためついウトウトでした。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

 孫たちが喜んだのはやはりアンパンマのマンガに登場してくるアイドルたちで、食パンマンやバイキンマンなどがいたるところに描かれていて、見る度に楽しそうでした。孫たちはイラストの前で楽しく遊んでいました。

若松進一ブログ

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

(ああ疲れたとソファーの上でくつろぐ朋樹)
若松進一ブログ

(スリリンの中でゆったりとくつろぐ生後3か月の孫奏心、母親ではないおばちゃんと)

  「また行きたい 孫は一斉 手をあげる 大人もういい 反応返らず」

  「二歳だと 言うのに孫は アンパンマン 全て知ってる 私知らない」

  「お土産に グッズ一つを 買い求め 納得しつつ 家路へ急ぐ」

  「雨などは どうでもよいと 思うほど、あんぱんまんと一緒に遊ぶ」