shin-1さんの日記

○さしすせそ亭主

 私は自分で言うのもおこがましいのですが、昔堅気の古い人間です。ゆえに「さしすせそ」亭主ではありません。「さしすせそ」とは、「さ(裁縫)、し(?)、す(炊事)、せ(選択)、そ(掃除)」をする人のことです。私たちが育った時代はさしすせそは女性の仕事と決められていました。ゆえに何の疑いもなく私はさしすせそを今でも妻の仕事だと思っているのですから、時代錯誤も甚だしいのです。

 私の結婚している長男は「さしすせそ」を嫁と分担してやっているし、娘婿も「さしすせそ」の質と量こそ違え同じです。今夕のことです。人間牧場の草刈り作業を終えて午後5時ころに家へ帰ってきました。今日は標高130メートルで涼しいと言っている人間牧場も真夏日で汗を沢山かき、その分水分補給を沢山しました。帰るころには作業着も下着も搾るほど汗を吸っていました。家に帰ると妻は仕事に出て留守でした。このまま汗をかいた作業着ではまずいと思い、脱衣場で全てを脱ぎ洗濯機に洗剤とともに入れ回したのです。わが家の洗濯機は乾燥までできるような優れモノではありませんが、それでも脱水までできました。シャワーを浴びて着替えてすっきりしたところで、洗濯物を取り出して篭に入れ浴室のドアから外に出て干したのです。

 洗濯物を干しているとそこへ甥の家族がやって来ました。先日胆石で急にお腹が痛くなり入院治療していて、今日退院したそうで、お見舞いお礼と退院報告にやってきたのです。私が洗濯物を干している珍し姿を見て不思議に思ったのか、「おいちゃんも中々やるじゃない」と褒めてくれました。私は顔から血の気が引くほどではありませんでしたが、少し気恥ずかし気持ちになりました。私のような古い型の人間にとって一番気になるのは、やはり他人の目なのかもしれないと思ったりして、少し自分のこれまでの生き方を反省しました。

 

 「さしすせそ」の「さすせそ」はよく分りますが、はて「し」とは?一体何を言うのだろうと妙に気になりましたが、私はすっかり「し」の意味を忘れてしまって思い出すことができませんでした。「支度」「指圧」「飼育」「試食」「仕事」などの言葉が頭の中をぐるぐる回り始めました。そして行きついた答えはしつけ」でした。「しつけ」は「躾」と書きます。今でこそ子どもを巣立てるのは夫婦同権と誰もが思いますが、実はPTA活動などに参加してみて子育ての重要な部分を握っているのは妻たる女性が圧倒的に多いのです。勿論私たちが小さい時は親父など学校に顔を出したことなど運動会と学芸会くらいなもので、子どもの躾も全て母親任せだったし、ひょっとしたら今も日本の子育ては母親が殆どやっているのではないかと思ったりしたのです。

 さて人は「し」の意味をどのように解釈するのでしょうか。あえて「?」で隠してみましたが、妙案があったら「し」の意味を教えてほしいものです。

 ちなみにお母さんのよく作る食べ物は「か・あ・さん・や・す・め」だそうです。「か」はカレー、「あ」は?、「さん」はサンドウィッチ、「「や」は焼きそば、「す」は?、「め」は目玉焼き、「あ」と「す」は一体何だろう。これが今日の問題です。答えはブログのコメントでお願いします。


  「さしすせそ そんな亭主が 常識と 私失格 古い人間」

  「『し』の意味が ぐるぐる頭 回ってる はてさて何に すればいいのか」

  「十年に 一度の現場 甥が見て おいちゃん凄い 洗濯干してる(笑い)」

  「自立せず ここまで生きて 来たけれど これから先は どうなることか」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

1 Comment

  1. Posted 2009年8月4日 at 1:35 AM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 「あ」はアイスクリーム 「す」はスパゲティー だそうです。 私は熱燗に寿司でしょうか・・・。