shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年8月31日

○日本食の枝豆

 今年の夏はわが家の家庭菜園に植えた枝豆がどういう訳か不作で殆ど枯れてしまいました。5月中旬に種をまき発芽は順調だったのですがその後枯れ始めました。親父の話だと枝豆の発芽した芽を野バトがついばんでしまったのではないかというのです。そういえば菜園には近くの林に住む野バトが再々やって来て色々なものを突くのです。手拍子で追い払ったり、鳥おどしをつけても平気でうろつきお手上げの状態です。こんな失敗をくり返さないために来年は網を張ろうと親父と相談していますが、さて明日で90歳になる親父にその体力があるかどうか心配ですが、そろそろ代替わりで私がその任に当らなければならないと、心を引きしめているところです。その親父は今日も元気で、目が薄くなったといいながらも朝から松の剪定に余念がないようです。

 さて野バトの食害にあった早生の枝豆も、残って成長したものを2度ばかり塩湯でして食べましたが、野バトの食害を免れた晩生の枝豆が食べ頃となり、今晩は収穫して食べようと思っています。昔はキリンラガービールの愛飲家だった私はビールのつまみに枝豆を沢山食べました。体の不調でビールを断ったため当然枝豆を食べる回数も量も大幅に激減してしまいました。私は豆腐や納豆などの大豆製品が大好きです。豆腐だと軽く一丁は食べるほど豆腐には目がないのです。当然枝豆も大好物ですが、ビアホールには今年兄弟夫婦で一度行ったきりで、枝豆はその折に鱈腹食べただけなのです。

 昨日は孫が大和屋のビアホールへ夕食をかねて両親と出かけ、私たちは留守番をしましたが、帰った孫の話しを聞くと「一番美味しかったのは枝豆だった」そうで、お皿に4回もお変わりをして食べたと自慢していました。「うーん残念、おじいちゃんも枝豆を食べたかった」と答えると、得意げになって枝豆の話しをしてくれました。

 最近外国でも枝豆の人気は今日上昇中だそうです。外国では塩湯でした枝豆を食べる風習はなかったそうですが、日本食のヘルシーさが受けていて、日本語そのままに外国でも「エダマメ」と呼ばれているようです。日本人が枝豆を食べるようになったのは記述資料によると江戸時代からのようです。枝豆の消費が一気に伸びたのはやはり戦後のようで、食生活が洋風化しビールの消費量が拡大するにしたがって枝豆の消費もうなぎ上りとなりました。枝豆の緑色した豆がはじけるように口の中に飛び込む食感はビールの苦味とともに忘れられない味なのです。

 この枝豆といわれる緑豆は、塩茹でだけでなく夏を彩る料理にもかなり使われています。高級料理には枝豆を裏ごしして豆腐に練りこんだり、ハモの上に和え物としてかけたり、またイタリア料理の皿を彩るソースとして使われているようです。時には枝豆を掻き揚げ天ぷらにして食べることもあるのです。しかしこれも殆どは他人が作った料理を食べるときだけで、自分ではやはりシンプルな枝豆として食べるくらいしか能がないようです。

 こうして枝豆の話をするともうとっくに止め、何の未練もなくなったはずのビールの味が急に恋しくなりました。毎日毎日、仕事との疲れを癒すためと、人間関係を深くすると過信して飲み続けたビールはいつの間にか回数と量を増やし、体を蝕んでいたように思えるのです。愛飲し続けたビールだけが原因ではないにしても、それも要因だと思ってすっぱりやめて10年近くが経ちました。お陰で体調はすこぶる回復して、健康な日々を暮らしていますが、やはりビールを止めたと同時に姿を消した枝豆も捨て難い味なのです。

 去年のこの頃、伊予市に住む友人水口さんから黒大豆の枝豆が届きました。産毛のような毛が生えて、中の実も黒味を帯びてグロテスクなのですが、これがとても美味しく、あの味は忘れられないのです。他人の懐なので甘えてはいけませんが、残夏残暑のこの頃になると、水口さんと黒豆の枝豆が急に恋しくなり、密かな期待を持つのです。

  「枝豆の 味を思えば 止めし酒 喉の覚えし 蘇えり来る」

  「送られし 黒豆の味 忘られず もうそろそろと そわそわしつつ」

  「外国で エダマメと書く お品書き 日本の食も インターナショナル」 

  「枝豆を 四皿お変わり 食べたいう 孫は得意げ 俺は舌打つ」 

 

[ この記事をシェアする ]