shin-1さんの日記

○第45回全国広報公聴研究大会に招かれて

 私たちが若い頃は同じ四国といっても高松での研修会に行くには一泊二日の旅でした。ところが最近は高速道路が整備されて、特に香川県の道路がよくなったため、少々早い時間の開会でも少し早めに家を出れば間に合うため、高松で一泊などの旅は完全になくなり日帰りとなったのです。そのため高松へは殆ど車で行っていましたが、ご承知の通りガソリン代が高くなり、高速代金を含めるとかなりに出費になるし、少し楽な旅を考えて今回はJRの電車を使うことにしました。


(借り切り状態のような特急いしづちの車内はとてもお洒落でした)

 しかし朝6時14分松山駅発の電車に乗るためには、わが家を5時には出なければならないのです。目覚ましの要らなくなった年齢ながら、それでも失敗をしては大変と、寝坊の妻は午前4時30分にセットして床に就いたようです。私は午前4時に起床し顔を洗ったりヒゲを剃ったりして準備をしていると時ならぬ時に目覚ましのベルが鳴り、妻は驚いて飛び起きました。身支度を整えいざ自家用車で出発です。早朝の国道は予想以上にトラックが走って、その後についたものですから、三秋峠辺りでは少しイライラしましたが、それでも十分間に合う時間に松山へ着き、車を駐車場に置いて5時14分の列車に乗り込みました。金曜日といいながら平日の早朝の便なので乗客は殆どなく、田舎の特急いしづちにしては豪華な指定客席に座って2時間半の旅を楽しみました。朝が早かったのでウトウトしたり、本を読んだり、車窓を眺めたり、高松が近付くに連れて今日の話の中身をどうしようか、思いを巡らせたりしながら列車は予定通り目的地の高松駅へ到着しました。

(高松駅前は全日空ホテルなどが立ち並びまるで夢空間です)
(コンベンションホール・サンポート高松の施設も凄いです)

 会場となるサンポート高松までは本の目と鼻の先なのでゆっくり歩きました。それにしてもサンポート高松というコンベンション施設は立派なもので、いつ来てもその威容に驚くのです。約束の時間は9時30分でしたが、列車の都合で9時に到着しました。丁度私が送っていたDVDのリハーサルが行われていて、ちょっと泥きました。ロビーには今年度の広報コンクールの入賞作品がロビーに並べられていて、ペラペラと捲りながら駆け足で見せてもらいましたが、どれも秀作で私たちの頃と違った編集技術が存分に生かされていました。

 合併で市町村の数が多かった何年か前までこの大会は、かなりの広報に携わる人が参加していたそうですが、市町村の数の減少と、県外主張の自粛によって300人程度のこじんまりとした大会になっているようでした。

 さてこの大会の今年のテーマは「地域の魅了を発信」でした。事例発表として私と香川県直島の笠原さんがそれぞれ1時間ずつお話をしました。

 私は広報マンとして10年間に毎月2回、240号の広報を作った経験から、広報マンとして広報作りで得た①書くという能力、②伝えるという能力、③まちづくりという能力についてまず話しました。書く能力は行政マンにとって大切な武器であり、今もブログを毎日書きながらささやかな情報を発信しています。様々な出来事を情報として加工し伝え、地域の世論を形成することは行政にとって凄く重要なことなのです。5W1Hを広報誌に表現することは、地域住民と行政のコミュニケーションを深めてゆく大切な役割なのです。さらにまちづくりには企画力、経済力、実践力、地域力などを総合した能力が求まられますが、虫の目と鳥の目を併せ持った複眼的視点は行政の大きな力となるのです。

 私は広報を担当したことで、情報の価値と、PR能力が備わり、以後のまちづくりに独自の境地を開きました。夕日を地域資源にしたまちづくりについても独自の持論を展開して、参加した300人の心に力強く訴えました。壇上に届いた反応は上々で、四国のいい事例発表になったと自己満足し帰りはJR四国が走らせているアンパンマン列車に乗ってふるさとへ帰って来ました。

(子どもに大人気のアンパンマン列車)
(特急いしづちの車内からは瀬戸内の素敵な景観が見えます)

  「四国内 移動するのに 二時間半 少しうんざり 少しのんびり」

  「高松の 変身ぶりに 目を細め 行き場所探し 右往左往す」

  「駅弁を 食べつつ帰る 予讃線 外は曇りて ぽちぽち雨が」

  「鉛筆と 消しゴム使い 書いたよな 今はパソコン 何の造作も」 


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。