shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年8月7日

○宇和島市長を表敬訪問

 宇和島市長さんを表敬訪問するため、伊予インター近くのJA伊予駐車場で午前11時に落ち合い、伊予インターから高速道路を宇和インターまで走り、56号線を通って宇和島を目指しました。昨日の宇和島は天気予報が的中し、蒸し暑いものの少し曇っていて少しでしたがかなり強い雨に見舞われました。同行したのはえひめ地域政策研究センターの栗田所長さんと小方主任さん、それに担当の谷本さんでした。谷本さんは宇和島市役所からの出向職員のため昨日の根回しはさすがで、到着時間まで数分の狂いもなく予定通り12時に到着しました。かどやというレストランで昼食を取りました。魚どころといわれる宇和島らしい日替わりランチを注文しましたが、鯛のカブト煮もついて千円以下ですからかなりお得で、ボリューム・味ともに満足のいく昼食となりました。

 表敬訪問まではまだ間があるため、前夜祭の会場として検討している農協会館リジェールのホールを見学に行きました。何年か前講演で招かれたことがある見覚えの記憶をたどりながら2階へ案内されました。ステージ付きの600人収容の大きなホールで、少し古くなったような感じはしましたが、申し分のない会場とお見受けしました。この会場だと宇和島駅からのアクセスも一本道で近く、遠方のお客さんをお迎えするのにはぴったりのようです。

 市役所の窓口は総務課で、渡辺総務課長さんが対応していただき総務課の控え室で戸外の雨を見ながら時を過ごしました。かつて愛青連の会長だった松広さんも総務課の補佐に昇格されていて、久しぶりに短い時間ながら談笑させてもらいました。宇和島市役所は県下の市町でも飛び切り縁の深いところで、沢山の知人友人がいるため、顔を合わせる度に会釈や立ち話に話が弾みました。

 やがて、北村愛媛県市町振興課長さんたちと合流し市長室へ通されました。広い市長室からは宇和島のシンボルである宇和島城と背後に鬼ヶ城という山が聳えていました。残念ながら雨のため鬼ヶ城は小雨に煙っていましたが、中々見応えのある風景でした。


 石橋市長さんには何度もお会いをしているので市長さんも私をご存知のようで、早速表敬訪問の目的である地域づくり団体交流全国大会の冊子を開け概略を説明しました。主会場となる宇和島市には準備や運営、それに人的支援をお願いしなければならず、市長さんもそのことはよく理解されていて、全面的に協力するとのお約束をいただき、安堵の胸を撫でました。

 その後私たちは渡部南予地方局長さんを訪ねました。大森地域政策課長さんや旧友八十島さん、宮川さたちとも出会い、表敬訪問の日程を全て終って、元来た道を引き返して帰って来ました。前日の記者会見、県庁表敬、昨日の現地表敬と慌しい2日間でしたが、それなりの感触を得てホッとしています。

 今回の全国大会が県政の重要課題である南予振興にいささかなりとも役割を果たさなければなりません。表敬訪問で出会った人々の口からも、そのことは異口同音に発せられたメーッセージでした。底抜けに明るいといわれる南予に、本当の笑顔を取り戻したいものです。

 追伸

   一昨日の記者発表の内容が今朝の愛媛新聞に取り上げられていました。

  「二日間 表敬訪問 するうちに 南予振興 奥の深さを」

  「食べ物も 人情さえも 一級品 全国仲間 きっと満足」

  「懐かしき 第二ふるさと 宇和島を 久々訪ね 言葉を交わす」

  「俺などは 金魚の糞の 値打ちにて 付いて歩いて 名刺手渡す」