shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年8月5日

○県庁で記者会見をしました

 私が愛媛県青年団連合会長の要職にあった38年も前に、国立青年の家の誘致問題で、県庁の記者クラブで記者会見に臨んだことがありました。当時は若くて居並ぶ新聞記者の前で滅茶苦茶緊張して、質問にも答えられなかった苦い経験がありますが、今日同じ記者クラブで記者会見に立ち会いました。11月に開催予定の第26回地域づくり団体全国研修交流会愛媛大会の記者発表を行うため、実行委員長を務める私と副委員長の北村県市町振興課長さん、栗田えひめ地域政策研究センター所長さんの3人に加え、事務局の小方主任研究員と谷本研究員の5人が席に付きました。
(ポスターを貼った前に陣取り記者発表する面々)
(テレビとプレスへの同時発表)
 実行委員長の私が「この大会は、全国各地の地域づくり活動に携わる関係者が一堂に会して、情報交換をおこなうことにより、自らの活動を活発にする『地域づくりの智恵』の獲得と、より地域を元気にしたいという『地域づくりにかける情熱』を高めあう契機とするため、開催するものです。平成6年の東京での開催から始まり、各都道府県の持ち回りで開催され、今回の愛媛大会で26回目となっています」と、愛媛大会の開催趣旨を説明しました。

 続いて「お配りしている資料の愛媛大会募集要項冊子をご覧下さい。冊子の表紙に記載しておりますとおり、『きなはいや伊予の国~広げよう地域づくりの輪』を大会テーマに、11月14日と15日の2日間にわたり、南予文化会館での全体会及び県内15会場で分科会を開催します。開催地は全体会は宇和島市の南予文化会館で、分科会は南予地域を中心とする13市町の15団体で実施します」と延べ、大会参加募集などについて粗方を述べて、私の説明を終りました。

 その後記者の方々から質問を受け、課長さんや所長さんが補足説明して記者発表は10分ほどで終わりました。あっけないような気もしましたが、資料に基づいてこの程度で記事を書くのですから、ジャーナリストは偉いものです。

(発表を聞き取材する記者の皆さん)

 そのご局長さんや後総務部長さんにもお会いし、知事さんと副知事さんの所へごあいさつに伺いました。役所に勤めていた頃は町長さんの随行で何度も知事さんや副知事さん、それに総務部長さんにお会いする機会がありましたが、リタイアして野に下ってからはそんな晴れがましい世界から姿を消したため久々の表舞台でした。

 それでも知事さんはしっかりと私の顔を覚えていていただき、全国大会の話題は勿論のこと、私が国土交通省の観光カリスマに選定されていることを話題にして優しくお話していただきました。そして「願わくば全国大会への出席もお願いしたい」とご依頼したところ、直ぐに11月の予定表を取り寄せ、出席する旨の快い返答をいただきました。県知事さんに何の前触れもなく大会への参加を直訴することなどあるまじきことなので、退席する時自責の念に駆られましたが、にこやかな笑顔で見送られそれが救われた思いでした。これで実行委員会のメンバーの大会への思いもさらに高まるものと思われます。

 続いて副知事室を訪問しました。就任して一度もお会いしていませんでしたが、雑談でお互い若い頃コミュニティの仕事をご一緒したことや、その折私に講演を依頼しており、ひょっとしたら県庁で私に講演を依頼した第一号ではないかなどと笑って話されました。知事にせよ副知事にせよ、私のような下野の人間をよく覚えているものだと感心しました。

 秘書課の課長をしている井上正さんも知事応接室へ面会に来ていただきました。夢工房の仲間でありながらこのところ出会いがなかっただけに嬉しい限りです。

 県庁へは今は余程のことがない限りおいとまをしています。目障りになってはいけないという思いと、自分の値打ちを考えてのことです。たまには立ち寄ってと、友人や知人からお誘いを受ければ受けるほどその敷居は高くなるようです。県庁の廊下でばったり元県議会議長の俊成さんにお会いし、声をかけていただきました。俊成さんは未だに誕生日の祝詞ハガキをいただいています。

 はてさて久しぶりの県庁は少し疲れました。明日はいよいよ合戦の舞台となる宇和島の市長さんを表敬訪問する予定です。こうして少しずつ着実に全国大会の準備は整い、近づきつつあるようです。さあ気を引き締め成功に向けて頑張りましょう。

  「マスコミに 大会概要 説明し 記者の質問 無難にこなす」

  「これ最後 多分もうない 記者の前 頭を下げる 場面じゃなくて」

  「知事さんが 観光カリスマ 引き合いに 出していきなり 驚きました」

  「偉い人 みんなそれぞれ 苦労あり 下野の私に さえも気遣い」