shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年5月23日

○孫は反抗期

 4人の子どもを妻が育てた私には残念ながら子育ての苦しみや喜びはそんなにありません。大きな声で自慢できることではありませんが、子どもとの思い出は妻にも親にも反対された子どもの名前を私の名前の一字を取ってこだわっえ付けたこと(長女ー一子・長男ー一心・次男ー一生・三男・一公)と、子どもたちを無人島還付に連れて行ったこと、子供の学校のPTA会長を6年間やったことくらいしかありません。妻は子どもが成長の過程で何度となく迎えた反抗期のその度に大変な苦労をしたといいますが、まあ乗り切って成長した今の姿を思えばそんなに大したことはなかったと思うのです。(これは妻へは内緒の話です)

 「おじいちゃん」の愛称で孫から呼ばれる私は、子育ての反省からか孫の面倒は自分でも不思議なくらいよく見るのですが、これまでは従順で何でも言う事を聞いていた孫が、近頃になってダダをこねることが多くなった事に気がつきました。今朝その話を娘のお産の都合で実家から通っている娘婿に朝飯を食べながら話したら「それは反抗期かもしれない」と意見が一致しました。反抗期は子どもの成長にとってはむしろ喜ぶべきことであって、対処法は簡単で「いけないものはいけない」とどんなに泣こうが叫ぼうがする事にしました。

 孫はこの頃の恐竜ブームで恐竜のおもちゃやカードが大好きです。幼稚園でもそのことが話題になるのか遊びまで恐竜ごっこだし、外出するとゲームコーナーやマクドナルドのハンバーガーコーナーで貰えるカードに興味があって盛んにそちらへ手を引いて私を誘導するのです。最初は1つだけとか、誕生日までとか我慢の約束をさせていましたが、平気でその約束を破ろうとするし、周りに同情を得させ買ってもらおうと泣いたりするのです。可愛そうにと思う親心が持ち上がるとその次は歯止めの利かないことになってしまうのです。ましてや母親がお産で入院中なので寂しくて可哀想なんて甘い親心を出すともう駄目です。

(麦藁帽子に長靴、虫取り網と虫かご、重装備でVサイン、ご満悦の孫朋樹です)

 先日の土曜日チョウチョやカエルを捕まえたいという孫と一緒に100円ショップダイソーへ孫と一緒に出かけました。虫かご100円、網100円、占めて00円の買い物をしました。孫は大喜びであちらこちらを走り回りますが残念ながら孫に捕まえられるようなチョウチョもカエルも一匹もいませんでした。仕方ないので人間牧場へ出かけ堆肥置き場で団子虫を見つけました。一ヶ月ほど前に団子虫を怖がって触ろうともしなかった孫が団子虫を沢山捕まえて虫かごは急に賑やかになりました。そして出会う人毎に見せびらかすのです。

(団子虫でも僕の宝物、ほらほら動いてる)

 ところが大人の側はそんな孫の心など察せず、「何だカブトムシではなく団子虫か」とけんもほろろなのです。孫にとっては額に汗をかいて必死に取った生物なのに・・・・です。でも孫はこれを宝物だと思って自分の枕元へ置き寝るのです。妻はさすがに気持ちが悪いと言い含めて廊下へ出して寝ましたが、朝起きると直ぐに廊下へ飛び出し、団子虫が死んでいないことに歓声をあげてひとり団子虫と対話しているではありませんか。子どもの世界って他愛のないものだし、大人が「何だ」と思うことも成長の過程において必要なことだと思いました。

 孫のお気に入りの虫取り道具が揃ったことで当分は孫と私の遊びが虫取りになりそうです。孫にとって虫は興味があるし、しかし怖い存在でもあります。団子虫は手で触っても安全だということが確認できたので平気で追っかけていますが、まだカエルのヌルヌルした感触が気持ち悪いのか、カエルを見つけると「おじいちゃんカエルだ」と大きな声で呼びにきます。昨晩も虫かごをいじっていてカエルが部屋の中へ飛び出し大騒ぎとなりました。孫は「やっぱりしんから田舎育ちではない」なあと実感しました。今年の夏はカブトムシやクワガタムシをクヌギ林に行って捕まえることもやってみたいと思っています。

  「百円で 買った虫かご 網を持ち 虫捕り作戦 いざ出陣」

  「団子虫 これも立派な 道具です 枕元にて 孫とお休み」

  「何かにと 抵抗してる 反抗期 孫にとっても 成長過程」

  「○ちゃんも 友を引き合い 出しながら 自分の主張 しっかり述べる」

  

 

[ この記事をシェアする ]