shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年2月4日

○群馬県大泉町長さんから2枚のハガキが届く

 「この人、ただ者ではないな」と直感したのは招かれた集会の席上、私のブログを見た感想をあいさつに微妙に折り込みながらあいさつされたことでした。私も色々な町や村にお邪魔して首長と称する人の話しを聞いてきましたが、普通は通り一遍等の話で終わるものです。それは無理からぬことで、毎日川の流れの如き集会をこなしてゆくためにはそうしないと、身が持たないのです。ゆえに事務局の書いたあいさつ文や資料を元にあいさつするのです。勿論私も役場に35年も勤めているとそのくらいなことは常識として分っているつもりですが、いざそんな一流の話をあいさつでされると、これはもう感激なのです。

 かつて近畿地方のある市の集会に招かれて出かけたことがあります。出席した市長さんは月並みなあいさつをされて私のはなしになると会場を出てゆかれました。やがて私の話しが終わる5分前に会場へ帰ってきて閉会のあいさつで「今日の若松さんの話には感激しました」というのです。聞いてもいないのによく言うよと思いましたが、何となく後味の悪い気持ちで帰ったことを簿得ています。

 そこへ行くと大泉町の町長さんは別格で最後まで私の話を聞き、夜の集会にも参加してもらいました。わたしはそんな町長さんや議長さんのいる町なので、宿舎に帰って顔を思い出しながらハガキをしたため送ってもらった議会事務局の方にハガキを手渡ししていただくよう依頼し、群馬県を後にしました。帰ってからも職員からメールが届くやら宅配便が届くやらで、もう何十年も交流がある町だと思うほどの深まりなのです。

 そして嬉しいことに大泉町長とは書かず、「長谷川洋」とだけ書かれた大泉町の絵葉書が何と2通も立て続けに届きました。何という身の軽さでしょうか。私は敬服しました。

 表書きと内容は公表できませんが、みんなに見せたい心境なのです。

 今日本中には合併によって1802の市町村があるといわれています。その市町村全てに首長さんや議会議員さんがいるわけですが、とりわけ首長さんの資質はその町の方向性を示す道しるべ人であり、水先案内人として重要な役割を担っています。公約の立派なのを掲げるのも、上との太いパイプを持つことも大いに結構なのですが、行政、つまり政治を行う、つまり日々の行政に全力投球することは意外とおろそかになりがちです。いい行政をして町民を幸せにしてもらいたいものです。「拝啓長谷川洋様、あなたに100点を送ります」。

 何のご縁か分りませんが、明日は同じ群馬県上野村へ出かけます。

  「あいさつを 聞いただけでも 首長の 資質分るよ ハガキなおさら」

  「白黒の 版画ハガキを 見るにつけ いい町ですね 大泉というまち」

  「送られし 角笛吹いて 音を出す 完璧なほど ラッパ吹けます」

  「遠い町 近くに感じる 人の恩 恩を返えさば 義理が立たぬわ」


[ この記事をシェアする ]