shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年8月29日

○韓国旅行を終えて

 早朝5時に起床して身支度を整え、ホテルをチェックアウトしたのは5時50分でした。広島空港行きの飛行機が9時50分なので仕方のないことと諦めつつ、迎えのバスに乗り込みどしゃ降りの雨の中を一路仁川空港へ向かいました。途中土産物屋に立ち寄り店員の上手い口車に乗せられてキムチの漬物や岩のりを買わされてしまいましたが、財布の中身のウォンを使い切るためみんな予想以上の買い物をこの店でしたようでした。ウォンでレート換算すると100ウォンが約10円くらいですから10倍すればよく随分便利に出来ていると感じました。私なんぞは酒も飲まないしお土産も孫の遊び道具と家へのキムチくらいなものですから、換金した2万円が半分も余って空港の換金所で再びウォンを日本円に換金する羽目になってしまいました。仁川空港で軽い食事をとりすっかりくつろいだ雰囲気で機内に乗り込みましたが、別れを惜しむように空港は雨の帰路となって、板門店へ行ったこともあって今度の旅を象徴しているような光景でした。

 機内食を食べウトウトするともう窓の下には隠岐の島や島根県宍道湖の姿が見え始め、まさにひとっ飛びです。眼下に広がる中国山脈のひだ深い山々はどこまでも緑が広がり、改めて日本の原風景の美しさにしばし見とれていました。

 今回の旅では佐賀山さんが大活躍をしてくれました。特に「イッキョンさんを含め二人の元留学生が市内見学や夕食の世話をしてくれました。松山大学に留学していた時に知り合ったそうですが、海の向こうに友人がいるなんて素晴らしいことです。

 私たち21世紀えひめニューフロンティアグループのメンバー以外にも同行した河野さんの奥さんや湯山さんファミリーなど、楽しい旅を演出するのに一役買っていただきました。もう既に3日間の韓国旅行は過去のものとなりましたが、いい旅をありがとう。

 今回の旅で感じたこと

 ①板門店が印象に残りました。部屋の中でしたが北朝鮮の領土へも越境しました。有刺鉄線や監視所の要らない統一された平

   和な朝鮮半島が一日も早く実現するよう祈っています。

 ②日本には徴兵制度はありませんが、愛国心は北の緊張がより増幅させているように思いました。日本は平和過ぎます。国を

   愛する心を育んでゆかねばならないと強く感じました。

 ③旅は一人歩きしないと相手に頼り過ぎてどこを歩いて何を目指すのか見失ってしまいます。結局旅は自立の旅立ちなので

   す。

 ④韓国料理はよく野菜を食べます。3日間あれ程食べたのによく歩いたせいもあるでしょうが、帰って体重を測ったら幾分痩せ 

   ていました。キムチの辛さは体によいのでしょうか。

 ⑤メンバーの佐賀山さんは韓国語を勉強して話せます。私などは英語も韓国語も駄目で日本語さえ満足に話せません。少し

   勉強が足らないと思いました。今度行く時は単語くらいはわかるようにしたいものですが無理でしょう。これは願望です。

 ⑥韓国でブログを一本書くことを目標にしていましたが、ホテルロビーのインターネットでは実現することが出来ませんでした。

   残念でなりません。

 ⑦今回の研修旅行は、出発地が出発直前になって松山空港から広島空港へ変更し、予定していた方々が旅を断念しました。

   深くお詫びをします。

 ⑧一駅地下鉄にも乗ってみました。道も尋ねました。ソウルタワーにも登りました。だのに市内にある世界遺産の故宮には準備

   不足で行けませんでした。骨董市場も訪ねたかったです。

 ⑨自由と平和の重みを知り、過去の歴史の重みを知りました。また人の情けの重みも知りました。

 ⑩またお金をためて行きたいと思いました。

  「十年の パスポート期限 後八年 次はどの国 夢持ち生きよう」

  「出来るだけ 安い旅など 心がけ 度々行こう 心耕し」

  「フロンティア 結成以来 二十年余 初めて外国 心そろえて」

  「ブログにて 反省点を 書きました 次につながる 視点を少し」

             

[ この記事をシェアする ]