shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年8月16日

○孫と一緒に地域政策研究センター訪問

 私が関わるまちづくりの仕事は公私の区別をつけなければなりませんが、余り公私の区別をつけ過ぎるとかえってギクシャクして上手くいかないことも多いのです。私は家の横に私設公民館煙会所を設置し、煙会所の囲炉裏を囲んで連日連夜夕日によるまちづくりのワークショップを行いいい結果に結びつけたのです。もしもその時、公私の区別をつけて公共施設でこんな集会をしても誰もその気にはなれなかったでしょう。私の生き方第2弾として作った人間牧場も私的な部分が100パーセントの施設ですが、それでも全国から人は集まり夢を語り合うのです。

 今日は孫の夏休みの御守り2日目です。孫の自由奔放な一日に私の暮らしを合わせるのは容易なことではありません。朝起きてから風呂を入らせて眠るまで、食事や午睡、遊びと3歳の孫の世話は何かと骨が折れます。昨日はセンターの清水さんにお願いしていたパワーポイントの提出資料を作成しなければならないのに、結局は中途半端で終わってしまい、市役所地域振興課の武田さんから借りる資料の借用期限もあって、仕方なく孫を連れての打ち合わせになってしまいました。

 見覚えのある幼稚園の登園途中にセンターはあるものですから、見慣れた車窓の光景に孫はてっきり幼稚園へ連れて行かれると勘違いしていました。

 地域政策研究センターでの打ち合わせは1時間弱で終わりましたが、見慣れぬ光景に目をパチクリさせていましたが、終始静かに付き合ってくれました。

 さあ仕事が一段落したがどうすると孫に相談すると「道後温泉に行く」というのです。孫と二人で何度か道後温泉の椿湯に入った経験があるので孫のマンションの駐車場に車を止めて歩いて出掛けました。お昼時だったこともあって温泉は人もまばらで、孫と湯桶で水遊びをしながらゆっくり過ごしました。昼ご飯は近くの食堂で冷しうどんを注文、上手に箸を使ってうどんを食べる孫を見て食堂のお姉さんが、「まあ上手に食べるのね」と褒めてくれるものですからその気になって、居合わせた10人ほどの客を巻き込んでしまいました。再び駐車場に戻り車に乗ると、さすがに疲れたのか居眠りスースーで、我が家に帰ってからも4時頃まで昼寝は続きました。お陰さまでちょっと気が抜け、ブログが一本書けそうです。

 昼寝から目覚めた孫はすこぶるご機嫌で単車に乗ってドライブしようというのです。余り交通量の多い場所は危険だし、二人乗りはご法度なので目の前上灘川沿いの農道を風を切らない程度に走りました。今日は台風の接近で時折小雨がぱらつくあいにくの天気でしたが、孫は左といえば左の、右といえば右の方向指示器を出すまでに慣れてきました。単車の始動も停止もキーを回してOKなのです。

 どうです、こお格好よさやご満悦な顔は何ともいえないすまし顔です。

 二日間の子守も無事終わりそうで、夕方母親と友人の葬儀に参列した妻が相次いで帰宅し、やっと肩の荷が降りました。孫はあすから大阪のおばあちゃんの所へ里帰りだそうです。やっとわが家にも元の静寂が戻りそうです。

  「まだ弱い 俺の知識を カバーする スライドつくり ご支援願う」

  「公か私か 区別分らぬ そのままに 今日も一日 遊び働く」

  「盆終わり 送り火焚いて 母や祖母 また来年も 帰っておいでと」

  「椿湯に つかりて孫と 束の間の  遊び楽しむ 今日も平和だ」


[ この記事をシェアする ]