shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年8月3日

○私は何処へ行けばいいのか

 今日は西条市の中央公民館が主催する館長会に招かれ、地区公民館の館長さんにお話をしに出かけました。そんなに急ぐこともないからとゆっくりリズムで高速道路を利用することもなく国道11号線を走りましたが、途中携帯電話で国際会議の打ち合わせと称する電話が入り車を空き地に止めて打ち合わせを済ませたものですから、ついでに今日の会場をカーナビに電話番号で入力しました。ところがその番号が示す目的地は何と旧東予市を指しているではありませんか。東予市や丹原町、小松町が合併して新西条市が誕生したことは知っているのですが、西条市の中央公民館はこんな場所ではないと思いつつ、もう一度入力しなおしましたが、また同じ場所を指すのです。30分ほど余裕があるので、カーナビの示す道路をその通り走ってとりあえずの目標に到達して、施設の入口を見ると看板には紛れもなく「西条市中央公民館」の看板が上がっていました。中に入り担当者に聞くと、合併による施設配置で中央公民館は旧東予に移ったことを聞き納得しました。もし携帯がかからず車を空き地に駐車しなかったら、カーナビに入力しなかったら、多分私は合併前の旧西条市中央公民館へ行ってたかも知れないと思うと、情報化時代の恩恵にしみじみ感謝するのです。

 西条はずっと向こうの・・・なんて思いながら車を走らせると、桜三里を少し下れば早くも「西条市」の看板が早くも目に入るし、合併後の市町村名はまるでチンプンカンプン、看板も作るのにお金がいるのでしょうか市内へ入ると端々の看板には「旧丹原町」なんて旧の文字がいいわけ程度についている看板を良く見かけるのです。

 事なきを得目的地にたどり着いてホッとしてお茶をいただきましたが、今までは東予市で飲むお茶だったのでしょうが、今日は水の都西条市の水で沸かしたお茶ですから、出す方も「水の都の水です。良かったらもういっ杯」と勧められ、ついつい2杯目をお代わりしてしまいました。暑かったせいか冷たい西条のお茶は一服の清涼として喉を潤しました。

 さて公民館の門外な私が館長さんに何を話せばいいのか少し戸惑いましたが、公民館主事として13年、中央公民館長として2年、私設公民館塗師として30年の経験を織り交ぜながら1時間半お話をさせてもらいました。公民館活性化の結論は公民館職員のやる気と指導助言の質にかかっているといっても過言ではないのです。特長のない公民館・命と暮らしに結びつかない公民館・事業バランスが崩れている公民館・子どもや若者が集まらない公民館・青年団や婦人会などの団体が崩壊している公民館・行政に当てにされない公民館・金のない公民館・中長期計画がない公民館・公民館運営審議会が機能していない公民館・公民館職員のやる気が感じられない公民館・マンネリ化した公民館のどの悪口を随分言いました。

 私は只今自由人です。何の責任もないわけですから怒られるのを承知で声高に公民館の悪口話をしました。そして21世紀の公民館の理想像は自立する地域、自立する住民を育てること、そのためにはふるさとを愛する気持ちを育てよう。そのためには読む・聞く・見るといった従来の学習ではなく、書くこと・喋ること・実践することの出来る人たちを沢山育てようと熱いエールを送りました。

 公民館はそのまちの顔であり情報と人の拠点でなければなりません。合併を機にもう一度何をなし何をすべきか考えることが大切ではないでしょうか。

  「カーナビが 私行くとこ 地図をなぞる お陰様にて 間違うことなく」

  「間違いと 勘の違いが ありました 俺の賞味は もう期限切れ」

  「災害時 非難するのは 公民館 社会に貢献 してる胸晴れ」

  「看板を 見てもピントは ずれている こんな所に 何故に看板」

   

[ この記事をシェアする ]