shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年3月19日

○わが家に何とサウナ風呂

 わが家の長男は建築設計事務所に勤めています。ゆえに住宅の新築に際し、古い家の取り壊しや改造で処分に困るものもあって、捨てればゴミ、利用すればお宝的なものを知人や友人から譲り受けることがあります。先日も知人から家が狭くなったとかで畳一畳ほどのサウナ風呂は要らないか相談がありました。家の何処江置くか分らぬまま即答を避けておりましたが、息子はトラックを借りて昨日、雨の中をシートに包んで貰って来てしまいました。さてこのサウナの置き場所について妻と私と長男の意見が微妙に違ってひと騒動となりました。妻は正直な話電気代も要るし家の中には置きたくないと言っていましたが、私と息子は脱衣場前の廊下の隅に置くことで妻を押し切り、家族総出で裏の窓から入れました。結構座りもよく近いうちに火入れを行って試してみたいと思っています。何せ低音サウナですので余り効果は期待できませんが、それでも妻のダイエットには最高だと持ち上げています。

 只今温泉に凝ってる私は暇があれば時々温泉に行きます。目的は温泉にあるサウナ風呂で汗を出し水風呂で体を引き締める快感がたまらなくいいのです。したがって妻と一緒に温泉に行くとカラスの行水だと言われ僅か20分程度で湯から上がっていたのですが、今は約1時間半もたっぷり楽しむことができるようになりました。どちらかというと風呂が好きでなかった私がこの歳になって台の風呂好きとなり、えらい変身ぶりに周りの人は驚いています。もしこのサウナがサウナと呼ばれるに相応しい働きがあるなら、お金を出して温泉に行くこともあるまいと、私も妻も淡い期待を寄せていますが、まあ期待外れにならないようにします。わが家にサウナが入ったと言う話は瞬く間に近所に住む姉の所にも伝わり、早速見学に来ました。話ほどのものだったのか、あまり感心した様子もなく帰って行きました。

 山の上の人間牧場に五右衛門風呂はできるわ、自宅にサウナ風呂はできるわで、わが家はちょっとした話題の震源地になっています。昨日も温泉で会った下灘の人から「黙って見るのは失礼とは思ったのですが、先日集落で恒例の歩け歩け大会があった折、みんなであなたの別荘を見学に行きました。中々いいですね。私たちもお金ができたらあんな別荘を持ちたいものです」と言われました。「別荘ではなく人間牧場です」といくら説明しても皆さんは「別荘」としか呼んでくれません。また「別荘を作るのにはお金の余裕があるから」も間違っていて、「あれはまtづくり運動の拠点です」と幾ら言ってもまったく通じません。仕方がないので「はいはい」と相槌を打っていますが、一度はびこった間違った情報は田舎では中々払拭できないものだとしみじみ思いました。

  「別荘を 建てたというが 羨まし お金持ちだと 思われらしく」

  「サウナ風呂 俺の家にも 付きました 汗を流して 妻は痩せるか」

  「山の家 人が来るのも良いけれど 啄木鳥までが コツコツ叩きぬ」

  「長男の お陰で家は 狭くなる それでも何か 違う世界が」

 

[ この記事をシェアする ]