〇1円玉を拾いました
 今日妻がかかりつけの松山の病院へ目薬を貰いに連れて行きました。駐車場に車を止め眼科受付で処方箋を貰い病院前の薬局で目薬を受け取り駐車場へ戻りましたが、足元に何かキラリ光るものがありました。

 前を通った人もその存在に気付いていましたが、何もせず通りすがりました。私が立ちどまって足元を見るとどうやら1円玉のようでした。私は拾い上げさてどうするか考えました。

 今年の春まで私は48年間金融広報アドバイザーの職にありました。金融教育の現場で「1円玉を拾ったらどうする」、「もし100万円あったら何に使う」などのテーマで子どもたちと話し合ったことを思い出しました。

 1円玉の場合拾って子どもが警察へ持って行っても、褒めては貰いますが拾得物の受付は手間暇もかかるので、寄付をするか拾った人に貰うそうです。お金の最小単位は1円からですが、一円足らなくても物は買えません。「1円を笑うものは1円に泣く」ということわざもあります。私は拾ったことを妻に伝え妻に渡しました。百万円でなく1円玉で良かったです。

[ この記事をシェアする ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください