人間牧場

〇子ども体験塾秋のハイキング(その4)
 今回のハイキングの最終目的地は、私たちの友人で高野川に住んでいる中尾治司さんが校長をしている佐礼谷小学校です。山道の大貫道から小さな橋を渡って県道に出たました。そして大カーブを回ると佐礼谷小学校の校舎が見えてきました。子どもたちは疲れを忘れて「着いたぞ~」と口々に叫びま、喜びました。

 体育館に入り迎えてもらった中尾校長先生から、誰一人として落伍者もなく完歩したことを褒めてもらい、完歩賞としてお菓子の袋入りをみんなにいただきました。その後みんなは体育館に寝そべって感想文を書きました。やがて小学5年生の三井音奈さんが、自分で感想文用紙に似顔絵を添えて書いた中尾先生へのお礼状を渡したいと申し出があり、嬉しい贈呈式となりました。何という心の優しい出来事でしょう。思わずウルウルでした。

 子どもたちは元気です。感想文を書き終わると体育館を走り回って鬼ごっこなどをして暴れまくりました。やがて幸先生のあいさつで閉講式を行い、道の駅まで森田館長さんや久保主事さんがマイクロで送り、迎えに来た保護者全員に引き継ぎました。思えば長~い一日でしたが、充実した一日でした。私たちスタッフは翠小学校まで戻り解散しました。下小の校長先生、翠小学校の教頭先生、ジュニアリーダーも参加した楽しいハイキングは、一人の落伍者もなく無事終わりました。

「目的地 佐礼谷小が 見えてきた 着いた着いたと みんな喜ぶ」
「山坂や 峠を越えて ハイキング 落伍者もなく 無事に終了」
「メモ紙に 感謝状書き 渡したい いきなり言われ 感動しました」
「誰一人 落伍者もなく 山道を 歩いた歩いた これが一番」

[ この記事をシェアする ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください