人間牧場

投稿者: | 2021年9月17日

〇防虫ネット張り

 停滞や迷走を繰り返している台風14号が東寄りに向きを変え動き始めました。その行方が気になるところですが、何と何とテレビの画面に映し出された台風の進路は瀬戸内海を通る直撃コースまほこのようで、一瞬目を疑いました。今朝もゴミ出しの午前7時30分頃には弱い雨が降っていましたが、風は殆どなく嵐の前の静けさといったところです。

 昨日は曇りながら晴れ間を利用して、前日植え終わったブロッコリーやキャベツの上に防虫ネットを被せる作業をしました。ブロッコリーやキャベツの葉っぱは優しいのか、早くもモンシロチョウが2~3匹飛び交って、卵を産む場所を探していました。チョウチョは鳩と同じように平和のシンボルのように言われていますが、鳩のフン害やチョウチョの青虫被害を考えれば害虫で、見つけると白い虫取り網で捕獲しなければなりません。捕まえる度に心が痛みますが無益な殺生をしないようにと防虫ネットを被せるのです。

 秋の虫であるバッタ類の食害も予防したいので、弧を描くように支柱を立て、その上に防虫ネットを張りました。台風の強風で吹き飛ばされないよう畝の谷々に重しを置き、しっかりと固定をしました。今朝見回りましたが、一人で張ったので多少いびつな感じもしますが、それなりの結果に自己満足しています。風が吹き始めた頃再度見回って補強をしておきたいと思っています。何事もなければいいのですが・・・。

「前日に 植えた野菜を すっぽりと 防虫ネット 被せて防除」

「台風の 直撃予想 しっかりと 肝に銘じて 作業終了」

「青虫や バッタに食われ 泣くよりも 防護第一 手間はかかるが」

「それなりに 防虫ネット 張り終わる 多少いびつも 笑いごまかす」

[ この記事をシェアする ]