人間牧場

投稿者: | 2021年9月13日

〇リンゴとキンカン狂い咲き

 家庭菜園や家の庭には様々な植物が植えられていますが、大きなプラスチックの植木鉢に息子が植えている、姫リンゴの実が秋の気配で色づき始めましたが、リンゴの花は春咲くものと思いきや、このところの気候に勘違いしたのか、リンゴの花が咲き始め驚いています。

花が咲いてキンカン

 家庭菜園横の果樹園に植えている甘夏柑などの実は順調に育って、今年は豊作のようですが、その横に植えているキンカンの木は、昨年沢山実を付けた反動でしょうか、今年は隔年結果の裏作年のようで、実は殆どついていませんが、柑橘の花もリンゴの花と同じように春咲くものと思っていましたが、今が満開のようで、甘い香りに誘われて蜜蜂が蜜を吸いにやって来ています。

 キンカンやレモンの花が時々四季咲きすることは知られていますが、植えられた木々が春と秋を勘違いするほど最近の気候は異常で、私のような後期高齢者には気温差が大きいと体調管理が難しく、四苦八苦しています。枯れ木も山の賑わいの私ももう一花咲けばいいのにと、他愛のない馬鹿げたことを考えています。

「姫リンゴ 実が熟れ花咲き どこか変? 狂い咲です よくある話」

「キンカンも リンゴと相談 したのかな? 今が満開 蜜蜂蜜吸い」

「枯れ木だが せめて私も もう一度 ひと花咲けば いいのになあと」

「最近は 気候変動 あれやこれ 備えしようも 出来ずイライラ」 

 

[ この記事をシェアする ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください