人間牧場

〇人間牧場の一番草を刈る

 このところの上天気続きで日増しに山が萌え、新緑眩しい季節を迎えていますが、私にとっては人間牧場も家の周辺も草刈りのシーズン到来で、草刈り作業の難儀さを思うと少し憂鬱になります。それでもやらなければならない雑草との戦いを前に、二台の草刈機の手入れをしたり、刈り払い用の替刃を購入したり、また50:1の割合で混合ガソリンを作ったりしてして準備をしています。私が毎年毎月毎日付けているWriting Calendarや二本のブログ記事によると、例年一番草の草刈りは4月の中旬のようですが、草は早目に刈ると楽なことを長年の経験で知っているので、今年も「草は早目に」をモットーにしようと思っています。

P1060932 昨日人間牧場の畑に植えたジャガイモの手入れに出かけましたが、農道から人間牧場へ入る私道の周辺の草が伸び始めていることに気付き、少し早いかなと思いつつ進入路は沢山の人がやって来て草が伸びると見苦しいので、急な思いつきで一番草を刈ることにしました。倉庫から草刈機を取り出し、混合ガソリンをを満タンに入れてチョークを引き、3~4回始動縄を引っ張ると、一シーズンぶりにエンジンの軽やかな音が聞こえました。昨日は草刈り用の作業着でもなかったので、余り作業をし過ぎると、青草の汁がズボンや服に付着して、洗濯をしても取れず妻に文句を言われるので、軽くやる程度にしました。

P1060933 近くの畑で農作業をしていた人が、「はや草刈りですか?、勢が出ますねえ」と声をかけてくれました。お陰様で私道の両側の草は一気に刈ってスッキリしました。そろそろ草刈りも息子に教えなければなりませんが、急斜面の多い草刈り作業は危険を伴うためひょっとしたら、やったことのない息子の手には負えないかも知れないと思ったりしています。推し量るに私もまだ10年くらいはできるかも知れないので、その後はシルバー人材にでも頼んでやってもらわなければならないかも知れません。とりあえず今年も怪我をしないように草刈りを楽しもうと、決意を新たにした一番草の草刈りでした。

  「山萌える 家や牧場 周辺も 草萌え始め 草刈りシーズン」

  「草刈りの 作業息子にゃ ムリかもと 何時までできる あてもないまま」

  「モットーは 草は早目に 言い聞かせ 今年も一番 草を早速」

  「植えもせず 手入れもしない 雑草は 今年も元気 負けてはならぬ」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。