shin-1さんの日記

○21世紀えひめニューフロンティアグループの総会

 春が来たと思わせるような気温をたった一日で真冬に逆戻りさせる自然の力はやはり偉大です。そんなことを思いながら、山周りの国道317号を選び水ヶ峠を越えて今治へ向かいました。ひょっとしたら峠の道は雪が降るかもしれないと思い、4WDの軽四トラックに乗って出かけましたが、私と同じような考えがあるのか、週末土曜日なのに交通量は少なく、仙遊寺下の能面道路を通って今治市新谷の河上さん宅へ到着しました。昨晩は私が主宰し私が代表を務める21世紀えひめニューフロンティアグループの一年に一度の総会ともいえる協議会が、今治に住んでいるメンバーの河上和夫さん宅で昨晩行われたのです。

若松進一ブログ

(河上さんの奥さんと5人の孫たち)

 少し早いかなあと思える午後5時半過ぎに到着しましたが、豊田さんは何処から歩いたのか期せずして私と同じ時間に到着しました。奥さんにあいさつを終え、居間でのテレビで大相撲を観戦しながら、河上さんの5人の孫に囲まれて、クレヨンしんちゃんと命名された私は、遊び相手になってやりましたが、まあ小学校2年生を頭の特に4人の男の子はやんちゃでいたずら盛りでまあ蜂の巣をつついたような賑やかさでした。

 やがて仲間も全て集まり、座敷で賑やかな宴会です。この日は皆のリクエストに応えてホルモン鍋と魚料理、それに猪肉の焼肉でした。もうもうと立ち込める煙の中で子どもたちも参加して大宴会となりました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

 すっかり恒例となった新年早々の行事だけに主だった顔ぶれは全員集まりました。形通りの事業報告、決算報告が行われ、次年度の役員留任、事業計画も予算も原案承認の拍手で終わったのですが、この一年間フロンティアグループからかまど小屋の建設に30万円の助成があって完成、また私が書いたフロンティアグループのレポートが、明日の日本を創る協会の地域活動将来賞をいただくなど、それなりの成果を収めているのです。

 しかし、寄る年波には勝てないのか最近は口は口角泡を飛ばす議論はするのに、こと実践となると中々前へ進まず、活動は主に人間牧場に限定され、老化しつつある組織の実態を浮き彫りにしているのです。でもこれでもいいとみんな納得しているので、少しだけ私がいい方向に誘導することを考え今年もやっていこうと思っています。2年前から始めた国内世界遺産を巡る旅も熊野古道・広島原爆ドーム・安芸の宮島・石見銀山と続き、今季は4月に白川郷の合掌造りをめぐる旅を計画しているのです。


若松進一ブログ

 フロンティアグループは結成以来30年近くになりました。これまで無人島に挑む少年のつどいや、丸木舟瀬戸内海航海、ふるさとを空から見る運動、竪穴式住居シンポ、フロンティア塾など、①今やれる青春、②1年1事業、③社会への揺さぶりなどをテーマに、様々な斬新な活動を展開し、県内はもとより全国的に注目を集める活動をやってきましたが、何時の間にか若かったメンバーも白髪や頭が薄くなり、時の流れの早さを感じているのです。元気だった仲間の体も、酒が飲めなくなった私や大野さんのように、加齢とともに衰えが目立ち始めました。これからは健康に留意しながら、次世代へバトンを引き継ぐことを考えなければなりませんが、はてそんな華麗な変身が出来るかどうか疑問のようです。

 私は今朝大事な用件があるので、田宮さんとともにお泊り組を残して10時過ぎに河上さん宅をお暇しました。一緒についてくる下弦の月を冬空に見ながら水ヶ峠のトンネルを超え、11時半過ぎにわが家へ到着しましたが、30年のを超えたグループから学んだことややった思い出などを思い出したいい一日となりました。


  「いつの間に 頭薄くて 白髪増え 仲間歳とる 俺も歳とる」

  「今年は 白川郷へ 行くという 遺産訪ねる 旅も楽しや」

  「在りし日を 思い出しつつ 水ヶ浦 突きと一緒に トンネル越えて」

  「イノシシの 肉焼く煙り もうもうと 立ち込め涙 一緒に食べる」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。