shin-1さんの日記

○間もなく53年の歴史に幕

 昨日は二宮金次郎探検隊の調査のついでに、私の母校である下灘中学校を訪問しました。この学校はあとヶ月余りで53年の長い歴史の幕を閉じる予定です。私たちが中学生だった頃は300人もいた生徒が10分の1の32名に落ち込み、学校の授業や部活に影響が出ていて、将来的にも生徒数の増加が見込めないことが原因のようですが、学校が消える寂しさは卒業生のみならず地域にとっても大きな問題で、ただでさえ冷え切った世相にの中で、暗い影を落としているようです。

 私たちが学んだ学校の姿はその後の新築によって跡形もなく、僅かに残る思い出はすり鉢の底のような運動場から見える原風景しかありませんが、45年も前にこの学校へ通った思い出ながら、今もありありとその記憶が蘇って来るのです。

 私たちの育った時代は子どもの数が多い時代でしたから、こんな田舎でも1学年2学級もあり、学校は活気に満ち溢れていました。体育館などなくスポーツは全て屋外、便所もポテンと音がする溜置きでしたし、学校の裏には畑があって、汲み取りした人糞を平気で撒いていた長閑な時代でした。

 それでも淡い初恋を感じる青春時代の幕開けを感じる果敢な年齢でしたから、一番思い出の多い学校かも知れません。ここで学んだ3年間ですっかり逞しくなって、私は宇和島水産高校へ遊学するためふるさとを後にしたのですが、この学校が私の人生の礎になったことは間違いないのです。

 居合わせた二宮校長先生と、この学校の卒業生の中嶋教頭生成を交えて職員室でストーブにあたりながら雑談をさせてもらいました。校長先生の話しによるとこの学校の卒業生は3489人だそうです。私も3489分の1なのですが、閉校後当分は新しい体育館も運動場も地元の人に開放されて使われる方針が決まっているそうですが、校舎は耐震のこともあって閉鎖され、やがて消えゆく運命をたどることでしょう。63回目の卒業式や、閉校式はもう間近に迫り、1年生・2年生は新しくなる現上灘中学校に出来る双海中学校へ引き継がれるようです。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

 歴史の歯車は否応なしに回りむしろ逆転さえします。下灘中学校は後戻りできない逆転の歯車かも知れません。日本全国を巡っている私が全国各地で目にした廃校地域のその後を思うと、この地域も決して右肩が上がりになるとは思いませんが、何か妙案はないものかと4階建ての校舎を見て思いました。

 歴史は全てではありませんが人が作るものです。仕方がないと社会や時代、それに人のせいにしてしまうと宿命になります。でも同じ命がついた言葉でも運命があります。運命は考えや行動で変えられるのです。変哲もないこんな町が、夕日の町として少しだけ輝いた時期がありましたが、あれは宿命と思って諦めず運命の扉を開けたからではなかったかと述懐するのです。ギブアップは一でも出来ます。ノーギブアップの精神で頑張って欲しい、そんなエールを学校に送り下灘中学校を後にしました。


  「わが母校 廃校間もない 聞く度に 在りし日偲び あれやこれやと」

  「久方に 母校訪ねて 見渡たせば 空山全て 変わらぬ姿」

  「ああここも 時代の歯車 逆転す 廃校なれば 有が無になる」

  「人生は あの日ここから 始まった 記憶たどりつ 校庭歩く」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。