shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年11月25日

○わが書斎にストーブが入りました

 昨日は私にとって寒い一日でした。というのも体がぞくぞくして、少し風邪気味かな?と思った矢先、体温が急に下がるような気分になりました。風邪の症状に似ているので、今日は室内で過ごそうと決意し、倉庫からストーブを取り出して油を入れ、今年初めてストーブを入れました。8か月ぶりに出会った赤々と燃えるストーブで暖を取りながら、ブログ2本と締切間近な3本のエッセーを書き、それぞれの場所にメール発信してモノ書きは順調に終えました。

 室内で過ごそうと決意しても来客対応や荷物の発送、手紙の発送などで郵便局へ出向いたり、夕方には親類の漁師さんから魚を取りに来るように電話があり、昨日の夜は妻が仕事の回りなので留守とあって、結局はトロ箱2つの魚の処分をしなければならず、折から降り出した雨の中を魚を配ったり、外の流し台で魚を粗こしらえをしたりして、結局は風邪の症状を悪化させるようなことばかりしてしまいました。

若松進一ブログ

 夕方7時30分に妻が帰ったのでバトンタッチし、食事の後妻の風邪薬を貰って飲み、早めに床へ着きました。実は今日大分県、明日は鳥取県、自宅へ帰らず福井県、帰りに広島県と、今月末はまだ京を含めて4つの県へ出張しなければならないのです。ゆえに風邪など引いておれない忙しさなのです。

 今朝4時に起床しましたが、昨晩飲んだ薬が効いたのか熱もなく、まあ何とか旅に出れそうなのです。今日は一旦家に帰りますが、少し遅くなるかもしれません。

 以上のように書いて時間になったので出発しました。今朝7時前に伊方町三崎のフェリー乗り場に着きました。三崎発佐賀関行きのフェリーは7時30分なのです。昨日の雨が多少残っていましたが、フェリーに乗船し佐賀関に着くころには雨も上がって晩秋とは思えない暖かい朝を迎えました。船着き場には大分県ツーリズム協会の田中次長さんがお迎えに来ていただいていて、同乗して海岸線を佐賀関~臼杵~上浦まで約1時間ほど走りました。前回大分でお世話になった里の駅連絡会の河本副会長さんが店長を勤めるお店が会場でした。一度ならず二度までも出会う河本さんとはすっかり馴染みとなって、大入島の奥さんたちが多数詰め掛けた中で約1時間ばかり講演をさせてもらいましたが、奥さんたちも河本さん同様すっかり意気投合して昼食懇談では私の名刺を乱発してしまいました。コートを忘れて引き返したため、河本さんがスピードを上げて佐賀関まで送ってくれたものの、タッチの差で一便遅れましたが、長閑な豊後水道の船旅も心地よい眠りや読書で久しぶりにいい旅となりました。

若松進一ブログ

(参加した大入島の皆さんたちと再開を約束しました)

  「講演を 聞いた後の 食事会 名刺乱発 親密関係」

  「船旅は のんびり昼寝 読書して ああ長閑なり 忙中閑あり」

  「三崎から 豊後水道 ひとまたぎ 僅か時間で 異国降り立つ」

  「看板に 大友宗麟 墓地とある いつかは訪ね 歴史ひも解く」

[ この記事をシェアする ]