shin-1さんの日記

○人間牧場へ三度も足を運びました

 今日は午前、午後、夕方と一日に3回も人間牧場を往復する忙しい一日でした。最初にやってきたのは三崎半島の中ほどにある旧三崎町平磯という所に住んでいる浅野農園代表の浅野洋海さんと3人の若者です。浅野さんは喜久家プロジェクトの代表で、農業体験をしながら日本の文化を学ぶ人たちを、古民家を借りて受け入れています。私も一度だけ地域政策研究センターの松本さんと二人でお邪魔して交流したことがありますが、日本人や外国人が共同生活をしながら、国境を越えた活動をしている姿に深い感動を覚えました。

 平磯は私たちの町も田舎ですが、それ以上の田舎でわが町からでも1時間半もかかる瀬戸内海に面した所です。過疎地だし道もそんなにいいとは言えないこの地に国境を越えてなぜ若者が集まるのか、それは私が持論としている「人でも仕事でも愛する所に集まって来る」という言葉そのまま、愛があるかられはないかと思うのです。今日やってきた若者は岩手県や埼玉県、それに広島県出身の若者でしたが、終始熱心な研修態度にこちらも引き込まれ、2時間があっという間に過ぎてしまいました。国際ワーキングキャンプセンターを窓口にしているようですが、今日集まったのは農林水産省事業「田舎で働き隊」の隊員なのです。

若松進一ブログ
(熱心に研修する喜久家プロジェクトの若者たち)
若松進一ブログ

 彼らを送りシーサイド公園で別れると入れ替わり、北海道住宅新聞社の方が取材に見えられました。北海道市町村振興協会が発行している市町村職員向け雑誌に、私の取り組んでいることを紹介するのだそうです。私も色々な雑誌やマスコミに取り上げられてきましたが、講演などに行ったことを現地の新聞に載せてもらったことはありますが、取材に関してはひょっとしたらこれまでで一番遠い場所からの取材かも知れません。

 記者は私の「昇る夕日でまちづくり」という自著本を読破しての取材なので、むしろ退職してから取り組んでいる人間牧場構想について2時間ばかりお話ししました。煙会所や海の資料館「海舟館」も見学し火通りの取材を終え、夕日を取材するという記者とシーサイド公園で別れました。さすがプロの記者だけあって私の言葉を引き出す念入りな取材に酔い知れました。

 入れ替わって二人の女性が人間牧場見学にやってきました。下灘コミセンで午後4時に待ち合わせをしていましたが、実はこの方たちは12月に講演を頼まれている主催者で、講演の事前打ち合わせだそうです。講演に行くくらいで何も事前にとは思いましたが、彼女たちは県外からわざわざ来て今晩は松山へ泊るのだとか、「松山へ来たついでに人間牧場?」か「人間牧場へ来たついでに松山なのか?」理解に苦しみましたが、まあ深くは詮索しないように丁重に案内し、丁重に見送りました。有り難いことにこの二人は会員用にと「夕日徒然草・地の書・水の書」を沢山買いこんで、売り上げに協力してくれました。

 明日は広島県呉市から団体の皆さんが視察にやってきます。視察効果もあるにはあって、それなりに喜ぶべきでしょうが、私の空いた時間を選んで来るお客さんに今日は少々疲れた一日でした。


  「二度三度 同じ道筋 行き戻り 牧場通いも 楽ではないな」

  「牧場の 魅力はやはり 眺望で 来る人毎に 褒めて帰りぬ」

  「穏やかな 秋の日和を 来た人と 目的毎に 品を変えつつ」

  「気がつけば 昼飯忘れ 空腹を 感じて料理 つまみ喰いする」  


 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。