shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年11月1日

○北広島町って何処にあるのかな?

 今朝は少し早目に宿泊先の広島のホテルで目が覚めました。昨晩は長旅のためホテルへの到着が遅かったので、運動不足を補うため散歩に出かけました。広島駅新幹線口まで歩きましたが、北海道釧路の前日朝の気温が氷点下でしたので、何か温かさを感じてしまいました。広島の街も来る度に著しい発展を遂げていて、どこか別の街へ来たような錯覚を覚えました。

 昨夜の天気予報では今朝から雨が降るという予想でしたが、せっかく傘を持って散歩に出たのに雨にも遭わず1時間程度で散歩を切り上げて部屋に戻り、荷物をまとめてラウンジへ下り、握り飯と味噌汁の簡単な朝食をいただきました。8時に北広島町指し回しののタクシーが迎えに来るという約束をしていましたが、少し早目の50分頃にタクシーはやってきました。運転手さんの協力を得てトランクに荷物を積み込み、いつも高速バスで島根県へ行くとき通る見慣れた高速道路を乗りついで山陽自動車道を走ること50分ほどで北広島町へ到着、会場奥の控室に通されてまず一服と美味しいお茶をいただきました。お代わりを3杯も飲むほど美味しいお茶で、主催者の心配りがとてもうれしく感じられました。

 講演は固定椅子の立派な会場で行われました。昨日の神楽講演の余韻が残っているような会場でしたが、この日は少し入りが少ないようにも思いました。しかしまちづくりなどというのは人数が多いからいいというものではありません。要は集まった人にどれでけ満足して帰らせるか、つまり値打ちを作ることなのです。そういう意味で考えればステージで話す私への反応はすこぶる良く、とてもいい集会だったように思うのです。

 昨日はハプニングもありました。講演の途中で私の手に持ったマイクの音が消え、変わって別の音が会場に響き始めたのです。こういうことはワイヤレスマイクではよくある話で、例えば私の携帯電話の呼び出し音が入ることだってあるのです。しかし昨日は明らかに変でした。私の話が佳境に入った時だけにこの雑音には会場の人も、勿論講演をしている私も驚き中断してしまったのです。こうなると講演どころではなく多分切れた緊張の糸を元に戻すのは容易なことではないはずです。しかし私はあえてそのことに挑み、携帯電話の話をして見事元の木堂に戻したのです。もしも私が昔のように講演慣れしていなかったらこの危機は乗り切れなかっただろうと、安堵の胸を撫で下ろしました。

 「まちづくりの新しい風」と題した90分の話が終わり、後の予定もあってどうしても13時30分の宇品発高速船に乗らなければならないため昼食もとらず、迎えに来たタクシーに乗って降り出した雨の中を港を目指しました。運転手さんは行きも帰りも一緒で、元役場に勤めていたこともあって、積もる話を沢山しました。お陰で港までの約1時間ほどは実に楽しくあっという間に到着し、充分間に合った船で松山まで帰ってきました。

 北広島町は近隣の芸北、豊平、千代田、大朝などの町が合併してできた人口2万人余りの町です。高速道路があるため広島市内から僅か1時間足らずの場所です。自然も豊かだし合併前の町がそれぞれいい町づくりをしていることが引き継がれているようで、文化的にもかなり高い地域だと思います。今後の発展を期待しつつ・・・。


  「どちらかと いうと北より 西の方 島根の境 いい町ありて」

  「名前聞く だけではどこか 分らない 合併進み まるでチンプン」

  「人の数 よりは満足 大事にと 美辞を述べつつ 講演終える」

  「講演の 途中雑音 妨害の 電波じゃないか 南北思う」

  「美味しいね 三杯お茶を おかわりす 入れる女性の 真心こもり」