shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年7月17日

○しまなみ海道ニューツーリズム現地調査②

 青いレモンの島とでべそおばちゃんの店

 もう20年も前に岩城島に来た時は、愛媛県が推進していたリゾート開発の先進地としてこの島は脚光を浴びていました。白亜のリゾートホテルが立ち、瀬戸内海が日本のエーゲ海などと賞賛され、近い将来はスローライフな時代がやって来ると誰もが見果てぬ夢を見ていたのです。その後バブルは崩壊し、リゾート構想は夢と消えてしまいました。その後しまなみ海道が開通したもののブームは僅か一年で消え、架橋地点から離れた地域は取り残された感じさえ持っていましたが、開通10周年を総括すれば期待したほどの架橋効果はなく、むしろデメリットが目につくのです。

 そんな中で多島美や地域資源を生かしたツーリズムは少しずつながら芽生えと成長を遂げているようです。岩城村で「でべそおばちゃんの店」にお邪魔しました。特産品であるレモンを使ったメニューを考え、愛媛版特区といえる規制緩和措置の許可を受けて、自宅のキッチンを使った料理を提供してかなり高い評価を受けているのです。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

 顔見知りである店主の西村さんから色々なお話をお伺いしましたが、ご馳走になったレモンの花弁を浮かしたレモンティといいデザートのゼリーといい、お洒落な雰囲気を見事に演出していて、都会の人たちを迎えるに必要な清潔感や癒しの心を心得ておられ頼もしく思いました。西村さんの話によると来店者も右肩上がりで、近い将来は民宿もやりたいと抱負を述べておられました。

若松進一ブログ
(レモンティに添えられたレモンのつぼみをお茶の中に入れると、1~2分で花弁が開くのには驚かされました)

若松進一ブログ

 西村さんに出会って思うのは、こうした取り組みは地域ぐるみの支援が必要であるということです。料理を提供する仲間とのチームワークも大事だし、案内していただいた島本さんはじめ行政の支援もしっかりとしていました。また港からお店までの沿線にはきれいな花を植えていて、島全体に青いレモンの島というイメージがすっかり定着していました。何でもないことですがツーリズムの基本はやはりもてなしの心なのです。

 帰りに港の近くの特産品センターにも立ち寄りました。日常は来訪者のそんなに多くない島なので、他の特産品センターとは見劣りがするものの、レモンポークという新しい商品も開発されていて、身の丈の雰囲気でした。春の積善山の桜の花の写真を見ながら、来年の春はぜひ訪ねてみたいものだと思いました。


  「レモン色 緑色して 何故青と 呼ぶのか不思議 馬鹿な考え」

  「レモンティ レモンのつぼみ そっと入れ 花弁開く 粋な計らい」 

  「船着き場 島の人々 たむろして なまりで話す のどけき風情」

  「知事さんの 来店写真 飾ってる ここは愛媛と 言わんばかりに」

[ この記事をシェアする ]