shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年7月12日

○公民館で働いた昔の仲間や先輩たちと集いました

 今日は梅雨の中休みといったところで、久しぶりに好天に恵まれました。しかし間もなく梅雨明けすることを予感させるように、このところは湿度が高く、温度以上に蒸し暑い感じがしました。今日は公民館のOBで組織する公友会の夏の勉強会が午後から松山のにぎたつ会館であるので、息子と昼飯でも食おうという相談がまとまりました。午前中たまたま日程が空いている私を誘って、10年目の車検が切れるため車を買い換えようという話が妻と息子たちでできていて、かなりたくさんのカタログを取り寄せてくれていますが、私は車には余り興味がなく、そのことを知っている息子と娘が強引に私を誘い、車を購入するべく下見に行ったのです。今日はホンダの店に立ち寄り環境にやさしい車の説明や息子がお目当ての車に試乗などを行ったのです。正直言って私の主張は「車は安い方がいい」ということなのです。ところがお店の方は私の経歴を薄々知っているのか、「環境にやさしい低燃費な車をと盛んに勧めてくれるのです。結局見積もりをしてもらいお店を出ました。

 土用丑の日もちかいというので「つしま」といううなぎ専門のお店で昼食をとることにしました。私たち夫婦と息子夫婦、それに間もなく2歳になる孫と誕生2ケ月近くになる孫を連れてお店に入りました。ま稲にっかいは来るお店なのですっかり馴染みとなって、愛想よく迎えてくれました。いやあその味は格別で、お陰さまで久しぶりに美味しい昼食を食べました。

 1時からの公友会には少し間があるので、道後温泉近くに住む娘の家の車庫に車を止め、妻と二人で温泉街を歩いてみました。アーケード内は両側のお店のせいか冷房が効いてとても気持ちがよく、まるで温泉旅行にでも行ったような気分でそぞろ歩きとなりました。

 記念にと妻を伊予鉄道道後温泉駅の前に立たせ記念写真を撮りました。

若松進一ブログ
(道後温泉駅の前に立つ妻、後ろには坊っちゃん電車も見えました)

 妻と別れた私は真夏の太陽が照りつける道をにぎたつ会館まで汗をかきながら登って行きました。会場にはもう殆どの人が集まって、私の悪口?を言いながら懐かしそうに話していました。

 夏の勉強会に参加した人は14人ほどでしたが、いずれも現役時代は公民館活動で名を成した人たちばかりで、佐伯会長さんのあいさつで始まり、予算や事業などが話し合われた後、近況報告、懇親会と続きました。今年の春定年退職した旧生名村の浜田さんはアゴにひげを蓄え作務衣を着てまるで仙人みたいな恰好で参加をしていました。菊地さんや古野さん、井出さんなど懐かしい顔ぶれもそろって、ひさしブルに思い出話に花が咲きました。来年は人間牧場で春の勉強会をすることが満場一致で決まりました。それまでに進化を遂げそれまでに心身ともに健康で参加してほしいとオア話をさせてもらいました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

  「それぞれに ひとつの歳を 加えたる 何処かスローに どこか消沈」

  「会員を 増やす議論を してみるが 他力本願 なかなか増えぬ」

  「返信の ハガキに書いた 近況に 加齢の波が 押し寄せ来るを」

  「来年は 人間牧場 来るという とにかく元気 とにかく進化」

[ この記事をシェアする ]