shin-1さんの日記

○今日は午前と午後と2回も講演をしました

 数日前愛媛県金融広報委員会から金銭教育講演会の話が持ち込まれましたが、あいにく日赤から講演の予約を受けていたのでお断りしました。ところが相手が午後でもいいので都合をつけてほしいといわれ、多少移動に時間がかかるもののお引き受けすることにしたのです。昨日の夜山口から帰ってパソコンをいじくっていると、ひょんなことからメールの送信ができなくなり、いくら私の朝知恵で動かしても送信エラーがでるのです。こんな時はジタバタしても始まらないと、息子と娘婿に電話をして事の顛末を話しました。講演先が日赤ということもあって、早目に家を出て娘宅へパソコンを持ち込み、娘婿に診察修理を頼みました。私の心配をよそに娘婿は慣れた手つきでチェックしていましたが、僅か30分ほどで復旧してくれました。故障ではなく何かの拍子でエラーが出たようで、家を出ました。折から集中豪雨のような激しい雨に見舞われましたが、娘の家を出るころには雨も小降りとなって、修復の終わったパソコンを車に積んで日赤へ向かいました。

若松進一ブログ

 日赤の正面玄関には電話連絡で確認した通り、女性の方が2名待っていてくれ、2階の応接室に通されました。二男が看護師と伊sて勤めている病院なので、少し気づかい、少し緊張の面持ちで担当の方たちとお話をさせてもらいました。家を出るとき妻から「息子が恥をかくようなことだけは言わないでほしい」と釘を刺されていたので、会議室で80人の人を前に話した90分の話は、最初できるだけ言葉を選んで話していましたが、興が乗ればいつものように田舎のことばそのままにのったはなしをさせてもらいました。

 幸い日赤で看護師をしている息子は今日は東京へ出張だそうで、顔を合わせることもなく帰れてホッとしているのです。bン頭をご用意いただきながら、時間が余りないので手提げお持ち帰りにしてもらって車に乗り込み、奥道後コース~農面道路を走り、今回が二度目となる西条市楠河公民館を目指しました。幸い30分前に到着し、主催団体である東予地方局県民生活課や、楠河公民館の方々と談笑しながら時間が来るのを待ちました。今日西条では三芳地区ではカラオケ大会があるらしいので、圧ありがイマイチだと言っていましたが、最終的には50人近くの人が集まり大盛況でした。


若松進一ブログ

 テーマが金銭教育を中心に据えた子育ての話なので、私の経験を交えてお話ししました。若いお母さんもたくさん集まっていただき和やかな集会となりました。午前中90分、午後90分、合わせて一日に3時間も話したのですが、そんなに疲労感はなく、再び奥道後の道を帰りました。

 このところ、梅雨の末期とでもいうような激しい雷雨や突風が吹いて、気象の異変が地球温暖化の異変を感じさせるようでした。帰るころには雨も上がり、さわやかな風がすっかりミドリ一色になった田んぼの稲を揺らして通り過ぎていました。梅雨が上がるともう間もなく暑い暑い夏がやってくるのです。健康に注意して暑い夏を今年も乗り切りたいと思います。

  

  「午前午後 一時間半ずつ お喋りし 今日も元気で 舌好調です」 

  「何話そう そう思いつつ 壇上へ 気がつきゃ終わる 喋りの極意」

  「嬉しいね 熱心耳を 傾けて 聞いていただき さらに飛躍を」

  「聞く人の レベル高いか 寝る人も なくて熱心 相槌うちて」


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。