shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年7月9日

○東予地域ニューツーリズム推進事業現地調査②

若松進一ブログ
(公園入口に架かった吊り橋)

 霧の高原から霧の森公園に帰った頃から雨が降り出しました。渓谷にかかった橋を渡って公園内の施設を見学させてもらいました。施設は若者向きなお洒落で清潔感がありました。水曜日の昼でしたがまずまずの人出、つまりこれが日常だと思いました。旧新宮村はお茶の産地でお茶の手揉み体験ができたりお茶に関する展示が数多くありました。また新宮の地名になったであろう和歌山県新宮と同じ信仰の世界を感じさせてくれました。

 この公園の中にある霧の森菓子工房では私の友人である大西広志さんが勤めていて、出会いを楽しみにしていました。大西さんとは地域づくり人養成講座で知り合い、人間牧場にもやってきたことのある年輪塾ネットのメンバーですが、現地で会うのは初めてなのです。

若松進一ブログ
(注文を聞く親友の大西さん)

若松進一ブログ

 菓子工房では自慢のお菓子が作られていて、霧の森大福というお菓子は売上高2億円と爆発的に売れて生産が間にあわないようです。シーズンに入り忙しく振舞う彼とは立ち話程度で別れましたが、最近新宮に引っ越してきたらしく、いよいよ性根を据えて取り組むようで、ここにも力強く公園を支える人が育っていて頼もしく思いました。

 
若松進一ブログ
(市直営の温浴施設)
若松進一ブログ

(公園のメイン施設)

若松進一ブログ
(菓子工房前の中庭)

 かつて私は、もう随分前に新宮でお茶屋さんを営む大西さんの招きで、アジサイの里づくりを夢見ていた皆さんの前で講演をしたことがあります。その後も2~3度この村を訪れましたが、来る度にアジサイの花が増え、アジサイの里としてすっかり有名になりました。村内を巡るとどの家々にも道端にも綺麗なアジサイの花が咲いているのです。この地道な花づくりやお茶へのこだわりが村おこしを成功させてのだと思います。観光の基本は確かに拠点施設も必要だし、交通アクセスも良くなければ上手くいかないものです。しかしないものねだりで拠点施設のなさや道路の未整備を嘆いてないものねだりしていてもその先へは進めないのです。新宮は結果的に高速道路がつき、公園が整備されましたが、村々を回って思うのは一人一人の住民がいかにその気になって、村を美しくする気風を持っているかということなのです。


 霧の森大福が大きな効果をもたらしました。賞味期限が短い、それでいて金額的には高めの、それでいて売り切れ御免の商売戦略はさりげなくしたたかです。昨日同行した國元室長さんがわが妻へのお土産にと買ってくれました。妻は飛びきり上品で美味しい大福に舌づつみを打ちました。たった一つの商品がヒットした成功事例を真似ようといずこも真似をしていますが、花畑牧場の生キャラメルと同じで中々老舗を追い抜くことはできないようです。でもちょっとしたヒントを元に努力すれば特産品の一つや二つはできるということも言えるのです。人の心は好き易く飽き易いものなのですが、ラングセラーを維持するのは柔いことではありません。結局は成功するための幾つかのセオリーをもう一度洗い直して行くしかないのかも知れないのです。


  「お土産に 貰った大福 食べながら 何故に売れるか 妻が分析」

  「親友の 働く姿 まじまじと 頼もしくあり 安堵の胸を」

  「どの家も 庭先飾る アジサイを 植えてぐるみの 村は栄えて」

  「雨似合う アジサイの花 まじまじと 色とりどりに 違って咲いて」   



shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. ☆エミ☆

    SECRET: 0
    PASS:
    電話は非通知でも構わないですからお願いできますか?直接ここに書くのが早いんですけど、さすがにそれは関係ない人にも見られるので、番号とアドレスをhttp://snipurl.com/metuhに全部書きました。そこを見て連絡もらえませんか?個人情報参照のパスワードは【1192】です。それで私の個人情報は全て見れる様になるので直接連絡お願いします。かなり恥ずかしいけど写真もサイト内のアルバムに結構アップしているのである程度は分かってもらえると思います。誰にも頼めないお願いなのでどうか聞いてください。待っています

コメントは停止中です。