shin-1さんの日記

○私は「幸せを売るセールスマン」を目指しています

 セールスマンとは商人や外交販売員と訳されますが、世の中にはたくさんのセールスマンがいて、様々な物を売っています。それは物品であったり、時には保険の外交員のように顧客相手に用役さえも直接販売勧誘している人もいるのです。セールスマンといえばアニメテレビでドラマ化されて話題になった漫画家藤子不二雄Aの「笑うせぇるすまん」というブラックユーモア作品を思い出します。セールスマンの喪黒福造(もぐろふくぞう)が、現代人のちょっとした願望を叶えてやろうとします。しかし約束を破った場合にはその代償も負わせるのです。喪黒がオチで発するセリフ「上手い話にはご用心」という警鐘的で寓話的な言葉は、騙し騙されやすい現代社会を見事に風刺しているのです。

 昨日広島のSさんからメールが届きました。研修会で知り合っただけの新品ほやほやの、名刺とメールを交換しただけの友人です。Sさんから届いたメールに「私は幸せを売るセールスマンを目指しています」と書き込みをしたところ、「誰もが認める幸せを売るセールスマンだと思います」というタイトルで、「若松さんの話を聞いて夢や希望を持てたり、思い出せたりする人は沢山いることでしょう」「・・・・ユーモアをふんだんに織り込んだ話のアレンジがまた素晴らしいです」「話を聞いて笑って幸せになる、話の中身に触発されて、一歩踏み出すことで幸せになる、若松さんのお話にはそんな力があると思います」「若松さんはまさに幸せのセールスマンだと思います」と持ち上げられました。

 世界同時不況の影響でしょうか、特に私が依頼をされて講演に行く場所は地方が多いためか、諦めにも似た沈んだ空気が漂っている地域が多いのです。そんな場所でいくら難しい話をしても人々の心には中々響かないものなのです。そんな時は暗い雰囲気を一掃するため勉めて明るい話題を提供し、笑いを誘います。時には「夕日亭大根心」の芸名で落語ならぬ落伍も披露して、入れ歯が落ちるほど大笑いをします。聞く人にとってはその時だけでも幸せなのです。


 自称「幸せを売るセールスマン」としては、幸せを①人にしてもらう幸せ、②自分で出来る幸せ、③人にしてあげる幸せの3つに分類し、人にしてあげる幸せを究極の幸せとPRしています。人間誰でも幸せになりたいものですが、お金や財産や地位名誉があるから幸せだと思う人もいれば、健康で毎日笑って過ごせることができるだけでも幸せという人がいるように、人それぞれ幸せの基準は違うのです。物差しでも測れない幸せを大きくするには自分を見つめ日々の暮らしを感謝の気持ちで他の人とともに生きることなのです。

 そのためには幸せのセールスマンである私自身が幸せを実現していなければなりません。残念ながら地位や名誉、それにお金はありませんが、それでも人にしてあげる幸せを目指して日々精進しているのです。

 私はこれまで双海町という町の動く広告塔として町をセールスして全国を歩いていましたが、少し方向を転換して幸せのセールスマンになろうと思っています。私は「幸せを売るセールスマン」になれるでしょうか?


  「幸せの セールスマンを 目指してる 努力のお陰 今は幸せ」

  「幸せの 基本感謝の 心がけ 心ひとつで 幸せ思う」

  「ああ今日も 朝を迎えて 幸せだ 飯も食えるし 元気で生きる」

  「幸せな ようにも見える のに何故か 私不幸と 不満タラタラ」  



  

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

2 Comments

  1. Posted 2009年7月6日 at 10:27 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 幸せのセールスマンになろうと努力していますが、まだ啖呵売がフーテンの寅さんのように上手く出来ません。「わたくし生まれも育ちも双海町です。姓は若松名は進一と申します」てな調子に流調に行きたいものです。まあそのうちと思っていますが、そのうちそのうち日が暮れるかも知れませんね。
  2. Posted 2009年7月6日 at 9:55 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: もちろん「幸せを売るセールスマン」ですよ~ 夢と希望を与え 忘れていた意欲を呼び起こさせる人・・・それは 若松さん!! 幸せ教祖さまです・・・(笑)