shin-1さんの日記

○世界に一つだけの花を愛でる

 私の家の周りは自然がいっぱいあります。でもその自然をやれ雑草が生えるだとかいって不平をいっても始まらず、むしろこの自然を生かす方法を考えなければ折角の自然が台無しで、都会のコンクリートジャングルに囲まれて暮らしているのと同じなのです。そのためには少し者の見方の視点を変えなければなりません。たとえば足元の雑草の中にも虫の目になってみれば結構綺麗な花が咲いているのです。以下に紹介する花々は書斎から戸外に出てたった5分間で見つけることが出来た花々なのです。残念ながら自動ピントのため小さき花よりバックの緑にピントが合い過ぎてピンボケしてしまいましたが、今度はいい日和にしっかりと撮影しようと思っています。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
(ジュウヤク)

若松進一ブログ

(カタバミ)
若松進一ブログ

(ホタルブクロ)
若松進一ブログ
若松進一ブログ

(カボチャ)
若松進一ブログ

(ナス)
若松進一ブログ

(キウリ)
若松進一ブログ

(プチトマト)
若松進一ブログ

(トウモロコシ)

 見つけて撮影した花の中には名前を知らない花もありましたが、ジュウヤクことドクダミは薬草で、乾燥させるとドクダミ茶や汗疹を抑える入浴剤になります。またホタルブクロはその名前が示すとおり釣鐘状の袋になっていて、子どもの頃はこの花を摘んで手の指を丸めて中に入れ、上から思い切り叩くと空気圧で花が破れて少し大きめの音がすることから、遊び道具として親しんでいました。また本当にホタルを捕まえてこの花に閉じ込めたこともありました。

 花は野の花ばかりではありません。家庭菜園に出ると今は夏野菜の最も活発な時で、カボチャやキウリ、ナス、トマトなどに加えトウモロコシも葉っぱに抱きかかえられるように白い産毛を出しているのです。


 花屋の店先ではありませんが、家の庭先に咲く花はまさに「世界に一つだけの花」なのです

  花屋の店先に並んだ

  いろんな花をしていた

  人それぞれ好みはあるけれど

  どれもみんなきれいだね

  この中で誰が一番なんて

  争うこともしないで

  バケツの中誇らしげに

  しゃんと胸をはっている

  それなのに僕ら人間は

  どうしてこうも比べたがる?

  一人一人違うのにその中で

  一番になりたがる?

  そうさ僕らは世界に一つだけの花

  一人一人違う種を持つ

  その花を咲かせることだけに

  一生懸命になればいい


  「外に出て 僅か五分で 十の花 足元見れば 野の花花見」

  「どの花も さりげなく咲く ゆえ綺麗 故に花々 オンリーワンだ」

  「花愛でる 余裕を持って 暮らしたい 優しい心 持たねば見えぬ」

  「この花が 何日か後に 食卓に のぼる野菜と 思えば愛し」


 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。